2012年09月28日

LOC Round-3

.
一時はどうなるかと心配されたお天気も、なんとか台風の影響から逃れられたみたいですね。とりあえず降られないことを願いつつ、第3戦、頑張っていってみましょうかいね。

R-3.jpg

posted by 用務員 at 18:22| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

LOC Round-2

.
気がつけば今週末はLOCの第2戦。エントリーも順調に(チビチビだけど)増えております。で、天気予報は土日ともに雨なんですよね〜。まぁ梅雨なんだからしょうがないんですが、出来ればドライで走れることを祈りつつ、皆さんの素晴らしい笑顔に会えることを願っております。

R-2.jpg

posted by 用務員 at 13:58| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

LOC Round-1

.
さてさて桜も満開の今日この頃、ビンテージロードのLOCが週末に今シーズンの開幕です。まぁA.C.T.S.みたいに年が改まるとニューマシンがゾクゾク出てくるってことはありませんが、そこは皆さんシーズンオフに丹精したマシンばっかり。晴れると良いですね〜。

2012 R1.jpg

posted by 用務員 at 11:10| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

モークラ Vol.6

.
まことに御目出度いことに、1月30日(月)に「The Motorcycle Classics」の第6号が発売されます。パチパチパチ!。表紙を見るとムムム、ゼッツ?…でありますが、中身はもろもろ面白そうな記事が網羅されているようで、大盛りご飯のオカズになりそうな気配です。

006TMC01.JPG


006pagesample.jpg
posted by 用務員 at 10:55| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012

.
20121.jpg
posted by 用務員 at 01:00| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

早いもので

.
やっとこさ真夏の悪夢の疲れもとれてきて、世の中ちょいと涼しくなって過ごしやすくなってきたなぁと思えば、あらまぁ今週末はLOCの第2戦じゃあ〜りませんか。お!井上さん、ついにブルタコでFISCOデビューね!。あんまり無理しないで気楽〜に遊んで下さいまし〜。

今回は、クラシックバイクミーティングなんぞも併催されまして、A.C.T.S.系やらビンテージ好き系やらの皆さんもツーリングがてらFISCOまでお出かけになるみたいですよ。去り行く夏の締めくくりってことで、皆さん爽やかなFISCOでお会いいたしましょ〜。

LOC R2 ENT2.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 08:22| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

はふ〜

.
歳をとると疲れが即日出ないで何日か経ってジワジワくると言いますけど、A.C.T.S.から1週間が過ぎようとする今日この頃になっても、ダメです、まだダラ〜っとしてます。いまいちピシッとチカラが入りません。情けないというかなんと言うか…。ご同輩の皆さん、ご自愛下さいまし。

2365.jpg

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 07:56| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

喝采の朝

.
早起きした甲斐があったってもんです。素晴らしい試合でしたね。まったく退屈することのない稀に観るマッチでした。いまだに信じられないくらいです。心から拍手を送りますよ。さてさて、アタシらも頑張んなくちゃね。もらった元気は、どこかにお返ししなくちゃ!

6.22.45.jpg



MX2502.JPG
posted by 用務員 at 06:30| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

メビウス派の方いらっしゃいます?

.
地デジとサヨナラしたのよね…というヘソマガリな私めの行動を知ったある知人が、こんなモノを送りつけてきやがりました。「THE BEST OF SOUL TRAIN DVD 5枚組」。あのさぁ、ただでさえ暑い夜、こんなの観てたら寝られるわけないじゃんかぁ!。涙チョチョぎれ・・・。

51v4i.jpg

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 21:28| Comment(6) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

『彼女が風に吹かれた場合』2005年?

.
家の近所に「BOOK OFF」があります。けっこう大きい店舗で品揃えも充実してるもんですから良く利用させてもらってます。文庫本とか新書版なんか105円って価格設定のグループもありまして、こりゃお買い得ですよね。うまく使えばこんな便利な書店はないかもしれません。

先日も夕涼みがてらブラッと立ち寄って文庫本を数冊購入。なぜかBOOK OFFで買った本て、すぐに読み始めることが多く、新品で買って「積ん読」になってる本より回転が速いですね。その中の1冊が「司馬遼太郎の考えたこと 第3巻」。はい、すぐに読み始めました。

IMG_3643.JPG

そしたら、あらまページの途中に1枚のレシートがペロンって挟まってました。2005年9月18日(日)の日付があるカプリチョーザ横浜緑園都市店のモノです。確かフェリス女学院の角んところにあるお店です。なんだかすっごく興味がわいてきちゃいましてね、ゾクゾクと探偵気分です。

客数は2人、清算したのは午後の13:51。休日におふたり様でランチでしょうね。オーダーは茄子のミートソースとオリーブのピッツァ。なんか妙にあっさりしたメニューです。で、まだ暑い季節でしょうに、飲み物は頼んでないのね?。なんでだろ?、ちょっぴり不思議な感じだなぁ。

IMG_3874.JPG

で、空想が駆け巡ります。このふたりは、どんな人たちなんだろうって。日曜ですから、フェリスの学生さんではないかもしれませんね。「司馬遼太郎の考えたこと」に挟まってたわけですから、読者は男性かな?、それも、そこそこの年齢の方である可能性は高いかもしれません。

合計3290円の清算は現金です。カードは使ってません。いや、カードを使わなかったのには、何か理由があるのかもしれません。深読みすれば、カードで清算して請求書に履歴が残ることを避けたのかな?なんてことも考えられます。う〜ん、面白くなってきた〜。

ここまでくると空想と推理がムクムクと膨らんでしまって、司馬遼太郎さんどころの話じゃありません。どちらかと言えば「ワケアリな男女」を登場人物に設定すると、ストーリーが面白い方向に発展しますね、こりゃ。この後のふたりの行動は?、食事の後は、どこへ向かったの?。

レジを担当したのは○原一美さんという名前の女性です。フェリスに通う学生さんのバイトかな…とも思ったんですが、いやわざわざ休みの日に母校のそばまでバイトに行くかなぁ?、たぶん違うでしょうね。どこにお住まいの、お幾つくらいの、どんな女性なんだろうか?。

このレジの女性は、確実にふたりのお客さんの姿を見ているわけですよね。ほんの数10秒だとは思いますが、確実になんらかの印象を抱いたに違いありません。もちろんもう記憶になんか無いでしょうけど、レジの瞬間、なんらかの感触を持ったことでしょう。

ふと、80年代前半あたりの片岡義男さんの短編小説をイメージしちゃいました。特にドラマチックというわけではないんだけど、さりとてややイワクインネンのある男女の、ある日常の断片。スコ〜ンと真っ青に晴れた初秋の日、西の空には雨を予感させる雲がわいてきたりしてね。

たった1枚の小さなレシートの持つリアリティっていうのはもの凄いものですね。そしてそこに残された動かざるデータから無限に広がる空想物語。BOOK OFFで買ったわずか105円の中古の文庫本たら、ワクワクするようなエンターテイメントをもたらしてくれるもんです。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 18:54| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

決められないよぉ、そんなの

.
本日、またしても模型&音楽好きアンポンタンが集まる機会がありまして、まぁいつものように「アレが好きだコレが好きだ」と愚にもつかない話の連続だったわけですが、誰かが「残りの人生、1人のアーティストしか聴いちゃいけないとなったら誰にする?」と言い出しましてね。

1人というか、ひとグループでも良いんですけどね、要するにワンアーティストを選ぶわけです。本人の持ち歌はもちろんですけど、人の曲をカバーしてるのなんかもレパートリーに含めます。メディアなりソフトなりなんらかの音源に残されてるものすべてを対象にします。

いやぁ、いろんな名前が挙がりましたよ、洋楽/邦楽問わず。すぐさまイーグルスと言い切ったヤツがいました。ユーミンにしとく…と悩んだ末の答えに辿り着いたのもいました。ビリー・ジョエルってのも程よい選択でしたね。どうしても高橋真梨子だ!と言うのもいました。

ある程度以上のキャリアがあって、持ち歌が豊富でないと、選びにくいですよね。出来ればカバーとかもいっぱいしてる方がありがたい。石川さゆりを選んだヤツは、このカバー幅の広さをかってのことでしょう。すごいですからね、石川さゆりのレパートリーの広さったら。

スターダストレビューという選択にも相応の説得力はあると思いますしね、マドンナって言われりゃそりゃもう納得するしかない。「井上陽水に安全地帯(玉置浩二)付けちゃダメ?」とダダをこねたのがいましたが却下。そしたら陽水一本で行くと諦めてました。

「で、お前さんはどうなんよ?」と遂に詰め寄られちゃいまして、レパートリーの広大さと、もちろん歌い手としての総合的な魅力も含めて「岩崎宏美」と喉まで出かかったんですが、すんでの所で思いとどまって、ポロッと答えちゃいました「カーペンターズ」って。

ホントにその答えで良かったのかどうか、これからしばらく、聴き続けてみようかと思います。

Carp.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 23:45| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

暑い夜に暑苦しい話題ですんまそん

.
この前、いつもの様に下らない話をしていて「若い頃どんなバカやって遊んだか」ってテーマになりましてね。「電話ボックスに何人詰め込めるかとか、クルマに何人詰め込めるかとか、バカやったもんよ〜」って言いましたら、ワカモノにはほとんど信じてもらえませんでしてね。

で、ムキになって写真を探したところ、出てきましたよ1枚。おそらくハタチくらいの時だと思うんですけどね(うぅ、35年は経ってるのかぁ。遠い目)仲間で集まって、やってます、電話ボックス詰め込みごっこ。ほらね、ウソじゃなかったでしょ!(って、自慢にもならん…)

tbg.jpg

70年代まっただ中です。アメリカの学生だか若者だかバカモノだかがそういうオタンコナス遊びをやってるって知りまして、そりゃもうすぐに実践女子大。写真に見えてるヤツはまだ良いんですけどね、奥の下の方からは呻き声とも悲鳴ともつかぬ声が漏れ聞こえてきます。

で「これはどういう遊びなの?」と、マジに訊かれても困ります。ただ詰め込んでギャ〜ギャ〜騒ぐだけです。(アメリカではナンタラ選手権とかあったみたいですが)。てなわけで「うんうん、オレもやったやった!」という方、いらっしゃいませんか〜?(いね〜かぁ、そんな人)



MX2502.JPG
posted by 用務員 at 22:22| Comment(5) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

胸のつかえがストンと下りた夜

.
テレビの受信に、えらく熱心な時期がありました。BSやらCSやらケーブル局やら、とにかく受信出来るモノはすべて観られないと気がすまないといった感じでした。2階の一角のベランダは、個人の家としては異様な状態になっています。ご近所から怪しまれるのも当然ですね。

IMG_3862.JPG

ばかデッカい口径のパラボラ立てて、他チャンネルの受信に関してはブッチギリだぜい!…なんて思ってましたし、オーディオラックに各種のチューナーが積み重なるのも楽しかったですしね。分配器の作りなんかも凝ったりして。まぁそういう電気関係の工作とかも好きですから。

もちろん地デジへの興味や関心も強くて、以前から相当深いところまで調べたり研究したり、知識だけはかなり進んでいたと思います。ただ、機材は地デジ移行直前まで買わないつもりでした。そして、そうこうしているうちに、3.11を迎えました。

あの日から数日間、可能な限りいろんな番組を観たと思います。もちろん有用な情報もあったとは思います。ただ、そうして数週間を過ごすうち、いろんな意味でテレビという媒体の限界をまざまざと見せつけられた気がしました。また、自分とテレビの関係にも大きな疑問を抱きました。

テレビの内容がひど過ぎる…とか、そんなことを軽々しく言うつもりはないんです。でも、3.11は、テレビという存在のメリット/デメリット、ポジティブとネガティブを真剣に考えさせてくれる強烈なきっかけになりました。そんな風にここ数週間、自問自答の日々が続いていました。

そして先日、地デジ移行の1ヶ月前を迎えた日、決断しました。「しばらくテレビという媒体と決別してみよう」と。自分からテレビを「抜く」ことによって何が得られるのか、期待をもって積極的に試してみようと思ったんです。ま、ヘソマガリの考えだとお笑い下さい。

本日、すべての同軸ケーブルを外しました。ベランダに林立するバカみたいなパラボラは、ただの無用な大きなお皿になりました。数台ある受像機も、その瞬間に意味の無い物体になりました。ほんのチョッピリの不安と、なんだかとてつもなく大きな開放感に包まれている今夜です。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 22:42| Comment(4) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

お世話サマンサ(…の娘はタバサ)

.
本日日曜日、都内でちょっとした用事があったもんですからOHVのエンジンかけてお出かけ〜。そしたら用を済ませて帰る途中の目黒通りで、いきなりチェーンからカラカラミャ〜ミャ〜と変な音がし始めまして、歩道に停めて見ますって〜とテンショナーのスプリングが折れてました。

まぁダマシダマシ帰れるかな〜とも思ったんですが、なんかねぇ、変な音出しながら走るのって、抵抗ありますよね〜。で、頭の中に電球が灯りました。「そっだ!アニマルボートが近い!」柿の木坂の交差点からほんのちょっとミャ〜ミャ〜走りまして、駆け込み寺にGO〜。

SH3C3.JPG

そしたらば武笠のに〜さん、フェンダーの弦張り替え中。いいですね〜このユルユル感。ツイスター借りてステンワイヤーちょっと貰ってすぐにトラブルはリカバーして、あとは昭和のムードに包まれながら瓶のコカコーラなんか頂いちゃって、ほんと、サンキュ〜〜〜。

ってわけで「皆さん、アニマルボートはとっても良いお店ですよ〜」って、ちょっと宣伝しとこ!

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 18:28| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

LOC R1無事(?)終了〜!

.
ビンテージロードレースのLOC第1戦、やっつけてまいりましたぁ。過去最多の参加台数で盛り上がり、パドック各所で早朝から笑い声が絶えません(まぁたいていは低俗な話題で盛り上がっているだけなんですが。あ、そりゃブリビ〜鈴木カッちゃんのまわりだけか)。

今回、事務局メンバーからは3名が出走しておりまして、本当は「レースなんか走ってないで運営の方をちゃんとやらなアカンで」ってところなんですけど、いやはやこれがなんとも悲惨な結果に終わっちまいまして、各自の日頃の行いの悪さがモロ結果に反映されることと相成りました。

IMG_3808.JPG

まず、予選が終わって「フンガ〜!」と楽しそうにCRキャブをバラしていたTED'S萌え島タケちゃんマンは、スタートを大失敗して30秒遅れでヨ〜イどん。ずいぶん頑張って追い上げたンですが、まぁ結果は言わずと知れたもんです。はい、お店のお客さんは皆さん楽しそうでした。

IMG_3831.JPG

予選が終わって折れたサイレンサーステーを溶接しにサーキットの外まで行ったまんま帰ってこなかったモークラ宮崎のケンちゃんは、ついでにプライマリーのギアを変更してそれが遠因かレースの1周めにチェーン外れでリタイヤ。コースサイドで普通にお客さんしてました。

IMG_3850.JPG

スタートと同時に好位置につけ一瞬あわや総合優勝も狙えるか!と思わせたブリビ〜鈴木のカッちゃんは、トップを行くホンダ軍団のスピードについて行ったまんまスッテンコロリン。マンクスのフロントフェンダーやらを曲げてレッカー車に乗ってヘロヘロ帰ってきました。

ま、全体としてはケガ人もなく(かっちゃんのバンドエイドが最大の救護活動でした)お天気もなんとかもって皆さん楽しい1日を過ごされたんじゃないかと思います。例によって暇を見つけてはパドックをぶらぶらするのは楽しかったですね。新しいマシンも増えているみたいです。

IMG_3843.JPG

いつも楽しそうなTR高橋しゃっちょ。皆さん、このノ〜天気さを見習わなきゃいけません。ただ、その笑顔を支えるスタッフはいつも半泣き状態で一所懸命にバイクを整備。哀愁漂う背中に働く男の厳しい人生が感じられます。ガンバレにっぽん。がんばれ後藤メカニック。

IMG_3833.JPG

今回、いろんな所が折れたり外れたりして大変だったアニマルむかさのに〜さん。この人の特技は、レースを走る事でも、素晴らしいカスタムバイクを作る事でもなく、じゃんけん大会で用務員の出す手を読んで「へっへっへ!」とオタクな笑いを浮かべることです。んも〜いけず〜。

IMG_3837.JPG

マンクスにスイッチして「こりゃデビューウィンか〜?」と自分で豪語していたオブソリュートどいぐみさんは、なにやらマグネトーばらしてはりました。福島の原発も大変ですが、バイクの発電所もいろいろ大変なことはあるようです。レース界のカンペ〜ちゃん、次回もヨロシコ〜。

IMG_3851.JPG

人が記念写真を撮ってる後ろ姿ってのはけっこう間抜けで面白いもんです。ま、今回もクラス優勝ですから許しましょう、元ハナコの小沢さん。しかし、この天下の遊び人、相変わらず日本中のバイクイベントで遊びまくってます。見習うべきなのかどうなのか、難しいところです、はい。

IMG_3852.JPG

チームロドリゲスだかチームゴンザレスだか、いずれにしても中南米のヤクの売人みたいな集団ですね。デイトナとかにもいるんですよ、こういう人たち。大抵はパドックに置いてある工具とか部品とかをかっぱらって売り飛ばしてレース資金にしています。皆さんもお気おつけ下さいまし。

IMG_3823.JPG

最近、渋谷とかでもローライズのパンツの女の子が減ってこういう光景が見られなくなりましたが、しっかり用務員の目を楽しませてくれた(?)のはm&m'sミハヤシに〜さんです。本当はチームスーパーマリオのメカニックとして、そりゃもうカイガイしく働いてました。

って、変な人のレポートばっかりだとLOCってのはなんてアンポンタンの集まりなんだって思われそうですが(まぁ半分は当たってますが)、中には素晴らしい人格と知性を備えた紳士の方もいらしゃいますし(あんまり多くないけど)、素晴らしいバイクもたくさんあります(これホント)。

IMG_3829.JPG

中でも今回一番の眼福だったのがこのティッケルノートン。用務員が高校生の頃に村山モータースの倉庫のガラス戸にへばりついて奥の方に置いてあるこのマシンを「すげ〜!、すげ〜!」と見ていた、まさにそのバイクそのモノとのこと。40年近くの時間を隔てた至福の邂逅でした。

IMG_3846.JPG

バイクだけじゃなくて「小物」に目が行っちゃうのもしかたがありませんね。このレーシングスタンド、かっこいい〜〜〜!!!。皆さんいろんなスタンドを作ってらっしゃいますが、これにはやられました。う〜ん、用もなく真似して作ってみたくなった用務員です。

IMG_3838.JPG

すっごい綺麗な塗装のBSA。でエンジンを見るとがっつりとプライマリーカバーに穴あけ。全体にアールデコな雰囲気が漂うユニークなマシンです。こういうのを見ると意味も無く真似してみたくなります。けっこう勇気いりますけどね、プライマリーケース削っちゃうのって。

IMG_3820.JPG

てなわけで、今回もご協賛を頂いた皆さん、ありがとうございました。スットコドッコイ事務局スタッフ一同になりかわりましてお礼を申し上げます。次回は8月28日、またしても富士スピードウェイで開催です。鬼の荒木車検長ともども、次回のご参加ご協賛、お待ちしておりま〜す。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 01:27| Comment(4) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

やっとビンテージロードの開幕です

.
夏のA.C.T.S.開催まで2ヶ月を切りましたけど、今週末はビンテージロードレースのLOCです。やはり開幕戦が震災の影響でキャンセルになったものですから、今回の富士が今年の開幕戦っていうことになります。なんだか「久しぶり〜」って感じですね、やっぱり。

LOC R1.jpg

で、皆さん走りたくてウズウズしてたのか、67台のエントリーは過去最多かな?。二つの走行枠ともにフルグリッドです。うん、良かった良かった。…てなこと言いながら、今週末に向けての作り物製作に励まなくてはならないんですが、今週、飲む機会が多くて、なかなか、それが…。

エントリー表を見れば、ほいほい、IB井上さんシッカリとメトラーラで見参〜!。今回はTED'S萌え島も久しぶりに走るし、宮崎の健ちゃんはマンクス復活を狙ってるみたいだし、TR高橋社長はエンフィールドに乗り換えてウケ狙い?。おお!土井さんはトラからマンクスにスイッチね!

詳しくは下記のMCFAJの公式サイトにも載ってますのでご覧下さいまし〜。
http://www.mcfaj.org/rr.html

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 21:55| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

太平楽なSunday Morning Ride.

.
大型連休の前からバイクを1台レストアしていましてね、まぁレストアというよりはサビ落し&汚れ落とし&磨きというちょっと重度なリフレッシュ作業の予定だったんですが、やり始めるとやっぱり深みにはまっちゃうものですね。気がつけばほぼ全バラ作業になってしまいました。

さらに、リフレッシュ作業だけやってりゃ良いのに、ちょっと気になる小パーツを作り直してみたり「ここはこうした方が良いかも〜」の改良(というか小細工)が頻発するもんですから、連休中に終わる予定を大幅オーバーし、本日になってやっと組み上げ後初の本格試走となった次第。

IMG_3764.JPG

というわけで、プチツーリング先に選んだのが津久井湖周辺です。若い頃にわりと良く来た所でしてね。裏道というか隠れ道みたいな、ほとんどクルマも通らない道を思い出しながらトロトロと走ってまいりました。行って帰って100kmほどの、ほんとささやかなツーリングです。

素晴らしいお天気に恵まれましてね、マイペースでノ〜ンビリ走って昼過ぎには帰ってきまして一休みして「あそこはチョコッといぢった方が良いかな?」って部分をちょい触ってたら、3時を過ぎた頃にドッシャ〜って豪雨が襲来。いや〜早く帰ってきてラッキーね〜ってところです。

あらら、そういえばチキチキはお天気は大丈夫だったんだべか?とか、72ミーティングに行った皆さんは降られちゃったんだろか?なんて、人の不幸は蜜の味…じゃなかった、ちょっとけだるいカラダに日曜夕方のビールは美味しいな〜の、Sunday Sunsetでありんす。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 16:30| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

To more than I can be

.
You raise me up

When I am down and, oh my soul, so weary
When troubles come and my heart burdened be
Then, I am still and wait here in the silence
Until you come and sit awhile with me

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up, To more than I can be

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up, To more than I can be

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up, To more than I can be

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up, To more than I can be

You raise me up, To more than I can be

cwyrmu.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

Such a lonely word

.
Honesty

If you search for tenderness
it isn't hard to find
You can have the love you need to live
But if you look for truthfulness
You might just as well be blind
It always seems to be so hard to give

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

I can always find someone
to say they sympathize
If I wear my heart out on my sleeve
But I don't want some pretty face
to tell me pretty lies
All I want is someone to believe

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

I can find a lover
I can find a friend
I can have security until the bitter end
Anyone can comfort me
with promises again
I know, I know

When I'm deep inside of me
don't be too concerned
I won't as for nothin' while I'm gone
But when I want sincerity
tell me where else can I turn
Because you're the one I depend upon

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

bjh.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

I must be strong

.
Tears in heaven

Would you know my name
If I saw you in heaven ?
Would it be the same
If I saw you in heaven ?

I must be strong
And carry on
'Cause I know I don't belong
Here in heaven

Would you hold my hand
If I saw you in heaven ?
Would you help me stand
If I saw you in heaven ?

I'll find my way
Through night and day
'Cause I know I just can't stay
Here in heaven

Time can bring you down
Time can bend your knees
Time can break your heart
Have you begging please, begging please

Beyond the door
There's peace I'm sure
And I know there'll be no more
Tears in heaven

Would you know my name
If I saw you in heaven ?
Would it be the same
If I saw you in heaven ?

I must be strong
And carry on
'Cause I know I don't belong

ech.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:05| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

I am in love with you

.
Longer

Longer than there've been fishes in the ocean
Higher than any bird ever flew
Longer than there've been stars up in the heavens
I've been in love with you

Stronger than any mountain cathedral
Truer than any tree ever grew
Deeper than any forest primeval
I am in love with you

I'll bring fire in the winters
You'll send showers in the springs
We'll fly through the falls and summers
With love on our wings

Through the years as the fire starts to mellow
Burning lines in the book of our lives
Though the binding cracks and the pages start to yellow
I'll be in love with you
I'll be in love with you

Longer than there've been fishes in the ocean
Higher than any bird ever flew
Longer than there've been stars up in the heavens
I've been in love with you
I am in love with you

dfgbi.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

I can't cross over

.
The water is wide

The water is wide, I can't cross over
And neither have I wings to fly
Give me a boat that can carry two
And both shall row, my love and I

Oh love is gentle and love is kind
The sweetest flower when first it's new
But love grows old and waxes cold and fades away
like morning dew

There is a ship and she sails the sea
She's loaded deep as deep can be
But not as deep as the love I'm in
I know not how I sink or swim

The water is wide, I can't cross over
And neither have I wings to fly
Give me a boat that can carry two
And both shall row, my love and I
And both shall row, my love and I

swiw.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

Fantasy could never be so giving

.
Dance with me

Dance with me
I want to be your partner
Can't you see the music is just starting
Night is calling and I am falling
Dance with me

Fantasy could never be so giving
I feel free I hope that you are willing
Pick the beat up and kick your feet up
Dance with me

Let it lift you off the ground
Stary eyes and love is all around us
I can take you if you want to go
Oh oh

Dance with me
I want to be your partner
Can't you see the music it just starting
Night is calling and I am falling
Dance with me

Let it lift you off the ground
Stary eyes and love is all around us
I can take you if you want to go
Oh oh

Dance with me
I want to be your partner
Can't you see the music it just starting
Night is calling and I am falling
Dance with me

odwm.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

Now don't hang on

.
Dust in the wind

I close my eyes
Only for a moment and the moment's gone
All my dreams
Pass before my eyes a curiosity
Dust in the wind
All they are is dust in the wind

Same old song
Just a drop of water in an endless sea
All we do
Crumbles to the ground though we refuse to see
Dust in the wind
All we are is dust in the wind

Now Don't hang on
Nothing lasts forever but the earth and sky
It slips away
And all your money won't another minute buy

Dust in the wind
All we are is dust in the wind

kdiw.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

Once again you'll take flight

.
You can have me anytime

Here we are in a room full of strangers
And an open door
Here we are away from all dangers
But that open door is calling out again

Acting like a friend who wants to know
If you might come away
I wonder what you'll say
You wonder out again

On wings of the night
Once again you'll take flight
And I don't hear your voice anymore
Tonight's dream will end
But I'll stay long after then
And you can have me anytime

Here we are
Alone in the shadows of our lonely rooms
Here we are
We are hollows, very lonely rooms

Like a faithless child
Frightened of the wild he runs and hides
To keep from being still
We run around until we lose ourselves again

On wings of the night
Once again you'll take flight
And I don't hear your voice anymore
Tonight's dream will end
But I'll stay long after then
And you can have me anytime

pbs.JPG


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

As long as I live

.
Truly

Girl, tell me only this
That I have your heart for always
And you want me by your side
Whispering the words I'll always love you

And forever I will be your lover
And I know if you really care
I will always be there

Now I need to tell you this
There's no other love like your love
And I, as long as I live,
I'll give you all the joy
My heart and soul can give

Let me hold you
I need to have you near me
And I feel with you in my arms
This love will last forever

Because I'm truly
Truly in love with you girl
I'm truly head over heels with your love
I need you, and with your love I'm free
And truly, you know you're alright with me

LRT.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

Live your story

.
If we hold on together

Don't lose your way
With each passing day
You've come so far
Don't throw it away
Live believing
Dreams are for weaving
Wonders are waiting to start
Live your story
Faith, hope & glory
Hold to the truth in your heart

If we hold on together
I know our dreams will never die
Dreams see us through to forever
Where clouds roll by
For you and I

Souls in the wind
Must learn how to bend
Seek out a star
Hold on to the end
Valley, mountain
There is a fountain
Washes our tears all away
Words are swaying
Someone is praying
Please let us come home to stay

If we hold on together
I know our dreams will never die
Dreams see us through to forever
Where clouds roll by
For you and I

When we are out there in the dark
We'll dream about the sun
In the dark we'll feel the light
Warm our hearts, everyone

If we hold on together
I know our dreams will never die
Dreams see us through to forever
As high as souls can fly
The clouds roll by
For you and I

driwhot.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:01| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

And we both know

.
Always

Girl you are to me, all that a woman should be
And I dedicate my life to you always
The love like yours is grand
It must have been sent from up above
And I know you'll stay this way, for always

And we both know, that our love will grow
And forever it will be you and me
Ooh your life is sun
Chasing all the rain away
When you come around you bring a brighter day
You're the perfect one
For me and you forever we'll be
And I will love you so for always

Came with me my sweet
Let's go make a family
And they will bring us joy, for always
Oh boy I love your soul
I can't find enough ways to let you know
But you can be sure of course, for always

And we both know, that our love will grow
And forever it will be you and me
Ooh your life is sun
Chasing all the rain away
When you come around you bring a brighter day
You're the perfect one
For me and you forever we'll be
And I will love you so for always

Ooh I will love you so for always

atsas.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:03| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

I'll be on your side

.
That's what friends are for

And I never thought I'd feel this way
And as far as I'm concerned
I'm glad I got the chance to say
That I do believe I love you

And if I should ever go away
Well, then close your eyes and try to feel
The way we do today
And then if you can remember

Keep smilin', keep shinin'
Knowin' you can always count on me, for sure
That's what friends are for
For good times and bad times
I'll be on your side forever more
That's what friends are for

Well, you came and opened me
And now there's so much more I see
And so by the way I thank you

Whoa, and then for the times when we're apart
Well, then close your eyes and know
These words are comin' from my heart
And then if you can remember, oh

Keep smiling, keep shining
Knowing you can always count on me, for sure
That's what friends are for
In good times, in bad times
I'll be on your side forever more
Oh, that's what friends are for

Whoa... oh... oh... keep smilin', keep shinin'
Knowin' you can always count on me, for sure
That's what friends are for
For good times and bad times
I'll be on your side forever more
That's what friends are for

Keep smilin', keep shinin'
Knowin' you can always count on me, oh, for sure
'Cause I tell you that's what friends are for
For good times and for bad times
I'll be on your side forever more
That's what friends are for (That's what friends are for)

On me, for sure
That's what friends are for
Keep smilin', keep shinin'

daf.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:28| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

Yes I will

.
You've got a friend

When you're down and troubled
And you need some loving care
And nothin', nothin' is goin' right
Close your eyes and think of me
And soon I will be there
To brighten up even your darkest night

You just call out my name
And you know wherever I am
I'll come runnin' to see you again
Winter, spring, summer or fall
All you have to do is call
And I'll be there
You've got a friend

If the sky above you
Grows dark and full of clouds
And that old north wind begins to blow
Keep your head together
And call my name out loud
Soon you'll hear me knockin' at your door

You just call out my name
And you know wherever I am
I'll come runnin', runnin', yeah, yeah
to see you again
Winter, spring, summer or fall
All you have to do is call
And I'll be there, yes I will

Now ain't it good to know
that you've got a friend
When people can be so cold
They'll hurt you, yes, and desert you
And take your soul if you let them
Oh, but don't you let them

You just call out my name
And you know wherever I am
I'll come runnin', runnin', yeah, yeah, yeah
to see you again
Winter, spring, summer or fall
All you have to do is call
And I'll be there, yes I will
You've got a friend
you've got a friend
ain't it good to know
you've got a friend
ain't it good to know
ain't it good to know
ain't it good to know
you've got a friend
oh yeah now, you've got a friend
yeah baby, you've got a friend
oh yeah, you've got a friend

SCSCK.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

Can you change ?

.
Don't answer me

If you believe in the power of magic
I can change your mind
And if you need to believe in someone
Turn and look behind
When we were living in a dream world
Clouds got in the way
We gave it up in a moment of madness
And threw it all away

Don't answer me, don't break the silence
Don't let me win
Don't answer me, stay on your island
Don't let me in

Run away and hide from everyone
Can you change the things we've said and done?

If you believe in the power of magic
It's all a fantasy
So if you need to believe in someone
Just pretend it's me
It ain't enough that we meet as strangers
I can't set you free
So will you turn your back forever on what you mean to me?

Don't answer me, don't break the silence
Don't let me win
Don't answer me, stay on your island
Don't let me in

Run away and hide from everyone
Can you change the things we've said and done?

app.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

God knows how long

.
I'll be over you

Some people live their dreams
Some people close their eyes
Some people's destiny
Passes by

There are no guarantees
There are no alibis
That's how our love must be
Don't ask why

It takes some time
God knows how long
I know that I can forget you
As soon as my heart stops breakin'
Anticipating
As soon as forever is through
I'll be over you

Remembering times gone by
Promises we once made
What are the reasons why
Nothing stays the same

There were the nights holding you close
Someday I'll try to forget them
As soon as my heart stops breakin'
Anticipating
As soon as forever is through
I'll be over you

As soon as my heart stops breakin'
Anticipating
Someday I'll be over you

totospa.jpeg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

一人じゃないよ

.
みんな空の下

涙流さないどんなに辛くても
誰にも負けない強さ持ってるのは
周りを悲しませないあなたの優しさ

見つめる瞳言葉なくても
伝わるあなたの想い
負けないよって頑張るよって
何度も優しく笑うんだ

あなたの笑顔は誰よりも輝き
曇り空まで晴れにしてしまう
何度も高い壁乗り越えたから
何も怖くない一人じゃないよ
みんな空の下

言い返せなくて悔しかったよね
一人で泣いてた日々も今も繋がって
大きな花を咲かそうとしてる

小さな胸にしまいこんでいる
空に似た大きな心
泣かないでって大丈夫って
包み込むように笑うんだ

星が顔を出しあなたが眠る頃
同じ空の下願う人がいる
明日もあなたが笑っていられますようにって
見守っているよ遠い場所から
みんな空の下

やわらかな風を吹かせて
街はそっと色付いてく

あなたの笑顔は誰よりも輝き
曇り空まで晴れにしてしまう
何度も高い壁乗り越えたから
何も怖くない一人じゃないよ 
みんな空の下

AYKMSS.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:01| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

Believe the very best

.
Can you feel the love tonight

There's a calm surrender
To the rush of day
When the heat of the rolling world
Can be turned away
An enchanted moment
And it sees me through
It's enough for this restless warrior
Just to be with you

And can you feel the love tonight?
It is where we are
It's enough for this wide-eyed wanderer
That we've got this far
And can you feel the love tonight?
How it's laid to rest?
It's enough to make kings and vagabonds
Believe the very best

There's a time for everyone
If they only learn
That the twisting kaleidoscope
Moves us all in turn
There's a rhyme and reason
To the wild outdoors
When the heart of this star-crossed voyager
Beats in time with yours

And can you feel the love tonight?
It is where we are
It's enough for this wide-eyed wanderer
That we've got this far
And can you feel the love tonight?
How it's laid to rest?
It's enough to make kings and vagabonds
Believe the very best
It's enough to make kings and vagabonds
Believe the very best

ej08.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:01| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

Sing a new song

.
Chiquitita

Chiquitita, tell me what's wrong
You're enchained by your own sorrow
In your eyes there is no hope for tomorrow
How I hate to see you like this
There is no way you can deny it
I can see that you're oh so sad, so quiet

Chiquitita, tell me the truth
I'm a shoulder you can cry on
Your best friend, I'm the one you must rely on
You were always sure of yourself
Now I see you've broken a feather
I hope we can patch it up together

Chiquitita, you and I know
How the heartaches come and they go
and the scars they're leaving
You'll be dancing once again and the pain will end
You will have no time for grieving
Chiquitita, you and I cry
But the sun is still in the sky and shining above you
Let me hear you sing once more like you did before
Sing a new song, Chiquitita
Try once more like you did before
Sing a new song, Chiquitita

So the walls came tumbling down
And your love's a blown out candle
All is gone and it seems too hard to handle
Chiquitita, tell me the truth
There is no way you can deny it
I see that you're oh so sad, so quiet

Chiquitita, you and I know
How the heartaches come and they go
and the scars they're leaving
You'll be dancing once again and the pain will end
You will have no time for grieving
Chiquitita, you and I cry
But the sun is still in the sky and shining above you
Let me hear you sing once more like you did before
Sing a new song, Chiquitita
Try once more like you did before
Sing a new song, Chiquitita
Try once more like you did before
Sing a new song, Chiquitita

SAJL.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

If love can see us through

.
Somewhere out there

Somewhere out there beneath the pale moonlight
Someone's thinking of me and loving me tonight

Somewhere out there someone's saying a prayer
That we'll find one another in that big somewhere out there

And even though I know how very far apart we are
It helps to think we might be wishing on the same bright star

And when the night wind starts to sing a lonesome lullaby
It helps to think we're sleeping underneath the same big sky

Somewhere out there if love can see us through
Then we'll be together somewhere out there
Out where dreams come true

And even though I know how very far apart we are
It helps to think we might be wishing on the same bright star

And when the night wind starts to sing a lonesome lullaby
It helps to think we're sleeping underneath the same big sky

Somewhere out there if love can see us through
Then we'll be together somewhere out there
Out where dreams come true

0zj.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:26| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

Somebody to lean on

.
Lean on me

Lean on me, when you're not strong
And I'll be your friend
I'll help you carry on
For it won't be long
'Til I'm gonna need
Somebody to lean on

Please swallow your pride
If I have things you need to borrow
For no one can fill those of your needs
That you don't let show

So just call on me brother, when you need a hand
We all need somebody to lean on
I just might have a problem that you'd understand
We all need somebody to lean on

Lean on me, when you're not strong
And I'll be your friend
I'll help you carry on
For it won't be long
'Til I'm gonna need
Somebody to lean on

So just call on me brother, when you need a hand
We all need somebody to lean on
I just might have a problem that you'd understand
We all need somebody to lean on

If there is a load you have to bear
That you can't carry
I'm right up the road
I'll share your load
If you just call me

20110317JsR.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

Move on don't hesitate

.
Breakout

When explanations make no sense
When every answer's wrong
You're fighting with lost confidence
All expectations gone

The time has come to make or break
Move on don't hesitate
Breakout

Don't stop to ask
Now you've found a break to make at last
You've got to find a way
Say what you want to say
Breakout

When situations never change
Tomorrow looks unsure
Don't leave your destiny to chance
What are you waiting for
The time has come to make your break
Breakout

Don't stop to ask
Now you've found a break to make at last
You've got to find a way
Say what you want to say
Breakout

Don't stop to ask
Now you've found a break to make at last
You've got to find a way
Say what you want to say
Breakout

Some people stop at nothing
If you're searching for something
Lay down the law
Shout out for more
Breakout and shout day in day out
Breakout

Don't stop to ask
Now you've found a break to make at last
You've got to find a way
Say what you want to say
Breakout

Don't stop to ask
Now you've found a break to make at last
You've got to find a way
Say what you want to say
Breakout

Lay down the law
Shout out for more
Breakout and shout day in day out
Breakout

Lay down the law
Shout out for more
Breakout and shout day in day out

e-o.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:04| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

Your dreams come true

.
When you wish upon a star

When you wish upon a star
Makes no difference who you are
Anything your heart desires
Will come to you

If your heart is in your dream
No request is too extreme
When you wish upon a star
As dreamers do

Fate is kind
She brings to those who love
The sweet fulfillment of
Their secret longing

Like a bolt out of the blue
Fate steps in and sees you through
When you wish upon a star
Your dreams come true

wywuas.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:01| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

実は、我が家地方も被災してました

.
あの地震の後、ご近所で「なんかここんところ下水臭くない?」って話題が出るようになりまして、業者さんに調べてもらったところ、どうやら我が家の前の道の下に埋まってる下水管になんらかの異常があることが判明しちゃいましてね。

1_3717.JPG

とりあえず掘り返して交換する…っていう「オペレーションGesuikan」が展開されることになってしまいました。朝9時ごろから作戦は開始。まず舗装を切る機械が登場してジャ〜!っと切れ目を入れていきます。(ボクがアルミ板切るより手際良いなぁ。あの機械、欲しい…)

2_3718.JPG

あっと言う間に20mほどを往復して切ったかと思うと小型のユンボ登場で、ザックザックと土を掘り起こしていきます。綺麗に切って綺麗に掘るもんですねぇ。プロの技っていうのは、やっぱり感心させられます。(オペレーターさん、UFOキャッチャーとか上手そうだなぁ)

3C0013.JPG

で、下水管が出てきました。地震の影響で中央部分が沈下して下向きの「くの字」になってしまい、そこに汚物がつっかえて流れが滞りマンホール方向に逆流していたことが判明。下水って微妙な勾配だけで流してるんですってね。(管を外した時の画像は公開を自粛します。ゲロゲ〜ロ)

4C0014.JPG

で、新品の管を配置。ジョイントの所のパッキンなんか上手く出来てるんですねぇ。水平儀で測りながら綺麗に直線を出していくもんです。試しに水を流すと「ショワ〜ン」ってスムーズで、観衆から思わず拍手がわき起こります。(20mの長さの直線を出すって簡単じゃないですわ)

5_3720.JPG

掘った溝の片側に表面の砂利、片側に土を盛り分けておくんですね。ま〜手際の良いこと。こういう段取りが大事なんだろなぁ。こうやって見せられると「なるほど〜」と思うんですが、自分で工作してる時なんか忘れがちですね、こういうこと。(しかし勉強になることばかりです)

6_3721.JPG

小型のダンプで運んできた舗装材を盛っていくのはまた別の職人さん。路面から数センチ微妙に盛り上げて、機械でダダダダ〜って突き固めると見事にツライチ。驚くのは積んで来た舗装材がバケツ一杯程度しか余らない無駄のなさ。(パテとか接着剤に無駄を出しまくる自分に、反省…)

7_3722.JPG

何種類かの職人さんが順番に作業するんですけど、監督さんは誰を何時にスタンバイさせてクルマをどう配置して…と、まさに段取りの極地を見せてくれます。で、午後の4時ごろにはすべての作業が終了して、爽やかに去って行く後ろ姿のカッコ良さといったらありません。(キュン!)

8_3725.JPG

たかだか20mのオペレーションGesuikanでしたけど、日常のライフラインってのはこういう方々によって保たれてることを実感しましたわ。いまごろ東北じゃ何千人もの職人さんが必死に復旧作業に従事されてることでしょう。ほんと、よろしくお願いします。頑張って下さ〜い。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 18:54| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Don't get me wrong

.
That don't impress me much

I've known a few guys who thought they were pretty smart
But you've got being right down to an art
You think you're a genius-you drive me up the wall
You're a regular original, a know-it-all
Oh-oo-oh, you think you're special
Oh-oo-oh, you think you're something else

Okay, so you're a rocket scientist
That don't impress me much
So you got the brain but have you got the touch
Don't get me wrong, yeah I think you're alright
But that won't keep me warm in the middle of the night
That don't impress me much

I never knew a guy who carried a mirror in his pocket
And a comb up his sleeve-just in case
And all that extra hold gel in your hair oughtta lock it
'Cause Heaven forbid it should fall outta place
Oh-oo-oh, you think you're special
Oh-oo-oh, you think you're something else

Okay, so you're Brad Pitt
That don't impress me much
So you got the looks but have you got the touch
Don't get me wrong, yeah I think you're alright
But that won't keep me warm in the middle of the night
That don't impress me much

You're one of those guys who likes to shine his machine
You make me take off my shoes before you let me get in
I can't believe you kiss your car good night
C'mon baby tell me-you must be jokin', right!
Oh-oo-oh, you think you're special
Oh-oo-oh, you think you're something else

Okay, so you've got a car
That don't impress me much
So you got the moves but have you got the touch
Don't get me wrong, yeah I think you're alright
But that won't keep me warm in the middle of the night

That don't impress me much
You think you're cool but have you got the touch
Don't get me wrong, yeah I think you're alright
But that won't keep me warm on the long, cold, lonely night
That don't impress me much

Okay, so what do you think you're Elvis or something...
Oo-Oh-Oh
That don't impress me much!
Oh-Oh-Oh-Oh-No
Alright! Alright!

You're Tarzan!
Captain Kirk maybe.
John Wayne.
Whatever!
That don't impress me much!

9d94f64f.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:01| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

More than yesterday

.
You are the new day

I will love you more than me
and more than yesterday
If you can but prove to me
you are the new day

Send the sun in time for dawn
Let the birds all hail the morning
Love of life will urge me say
you are the new day

When I lay me down at night
knowing we must pay
Thoughts occur that this night might
stay yesterday

Thoughts that we as humans small
could slow worlds and end it all
lie around me where they fall
before the new day

One more day when time is running out
for everyone
Like a breath I knew would come I reach for
the new day

Hope is my philosophy
Just needs days in which to be
Love of life means hope for me
borne on a new day

You are the new day

sunrise.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:02| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

めぐるめぐるよ、時代はめぐる

.
時代

今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ、時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって、めぐりあうよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく
冷たい雨が降っていても
めぐるめぐるよ、時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

まわるまわるよ、時代はまわる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

RTM.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:03| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

If we had the chance to do it all again

.
The way we were

Memories
Light the corners of my mind
Misty watercolor memories
Of the way we were

Scattered pictures
Of the smiles we left behind
Smiles we gave to one another
For the way we were

Can it be that it was all so simple then
Or has time rewritten every line
If we had the chance to do it all again
Tell me - Would we? Could we?

Memories
May be beautiful and yet
What's too painful to remember
We simply choose to forget

So it's the laughter
We will remember
Whenever we remember
The way we were

So it's the laughter
We will remember
Whenever we remember
The way we were

nzbom.JPG


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:18| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

Those days are gone

.
All by myself

When I was young
I never needed anyone
And making love was just for fun
Those days are gone
Livin' alone
I think of all the friends I've known
When I dial the telephone
Nobody's home

All by myself
Don't wanna be
All by myself
Anymore

Hard to be sure
Sometimes I feel so insecure
And loves so distant and obscure
Remains the cure

All by myself
Don't wanna be
All by myself
Anymore
All by myself
Don't wanna live
All by myself
Anymore

When I was young
I never needed anyone
Making love was just for fun
Those days are gone

All by myself
Don't wanna be
All by myself
Anymore
All by myself
Don't wanna live
Oh
Don't wanna live
By myself, by myself
Anymore
By myself
Anymore
Oh
All by myself
Don't wanna live
I never, never, never
Needed anyone

20110323.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 01:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

I will lay me down

.
Bridge over troubled water

When you're weary
Feeling small
When tears are in your eyes
I will dry them all

I'm on your side
When times get rough
And friends just can't be found
Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

When you're down and out
When you're on the street
When evening falls so hard
I will comfort you

I'll take your part
When darkness comes
And pain is all around
Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

Sail on Silver Girl,
Sail on by
Your time has come to shine
All your dreams are on their way

See how they shine
If you need a friend
I'm sailing right behind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind

20110314.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:27| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

めぐり続く明日のために

.
PIECE OF MY WISH

朝が来るまで泣き続けた夜も
歩きだせる力にきっと出来る
太陽は昇り心をつつむでしょう
やがて闇はかならず明けてゆくから

どうしてもっと自分に素直に生きれないの
そんな思い問いかけながら
あきらめないですべてが崩れそうになっても
信じていてあなたのことを

本当は誰もが願いを叶えたいの
だけどうまくゆかない時もあるわ
希望のかけらを手のひらにあつめて
大きな喜びへと変えてゆこう

愛する人や友達が勇気づけてくれるよ
そんな言葉抱きしめながら
だけど最後の答えは一人で見つけるのね
めぐり続く明日のために

雨に負けない気持ちを
炎もくぐりぬけるそんな強さ持ち続けたい
それでもいつかすべてが崩れそうになっても
信じていてあなたのことを
信じていて欲しいあなたのことを

20110403.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=x28ouEEvNJQ

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

Your voice can take me there

.
Like a prayer

Life is a mystery
everyone must stand alone
I hear you call my name
And it feels like home

When you call my name it's like a little prayer
I'm down on my knees, I wanna take you there
In the midnight hour I can feel your power
Just like a prayer you know I'll take you there

I hear your voice, it's like an angel sighing
I have no choice, I hear your voice
Feels like flying
I close my eyes, Oh God I think I'm falling
Out of the sky, I close my eyes
Heaven help me

When you call my name it's like a little prayer
I'm down on my knees, I wanna take you there
In the midnight hour I can feel your power
Just like a prayer you know I'll take you there

Like a child you whisper softly to me
You're in control just like a child
Now I'm dancing
It's like a dream, no end and no beginning
You're here with me, it's like a dream
Let the choir sing

When you call my name it's like a little prayer
I'm down on my knees, I wanna take you there
In the midnight hour I can feel your power
Just like a prayer you know I'll take you there

When you call my name it's like a little prayer
I'm down on my knees, I wanna take you there
In the midnight hour I can feel your power
Just like a prayer you know I'll take you there

Life is a mystery, everyone must stand alone
I hear you call my name
And it feels like home

Just like a prayer, your voice can take me there
Just like a muse to me
You are a mystery
Just like a dream, you are not what you seem
Just like a prayer
No choice
Your voice can take me there

Just like a prayer
I'll take you there
It's like a dream to me

Just like a prayer, your voice can take me there
Just like a muse to me
You are a mystery
Just like a dream, you are not what you seem
Just like a prayer
No choice
Your voice can take me there

Just like a prayer
I'll take you there
It's like a dream to me

20110312.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 10:09| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

TVにウンザリしてる人は

.
青森から東京までのFMラジオが聴けます。夜は音楽中心になっちゃうことが多いんですが、昼間は現地情報やレポートなども満載です。生の情報を得るって大事ですね。また、ネットで聴ける現地のコミュニティFM局などの放送も大変興味深い内容を流してます。最近TVより、ヘビロテ。


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 21:52| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

友達だと思えばいいんだ

.
いわき市から帰ってきました。レスキュースタッフと、掻き集めた支援物資を現地までお届けするという内容でしたが、行程は順調に進みました。しかし、実際に自分の目で見る被災情況は、はるかに想像を超えていましたね。TVやネットで見ているのとは、違いますよ。ひど過ぎる。

港では、巨船が埠頭の上に鎮座していました。各地でそういう現象が起こったことはTVの映像などで承知していたつもりですが、いざ実際に手で触れて得られる実感というのは、とてつもないものですね。どう考えてもそんな事はあり得ない現象が、現地には至る所に点在しています。

SH3C0005.JPG

この道は、この先まっすぐに続いているのですが、ご覧のように津波に流されて1階部分が無くなった2階部分が2軒、行く手を塞いでいます。その向こう側にはダンプカーが横転したまま倒壊家屋と一体化していました。迂回する道は、どなたかの家のあった土地なのでしょう。

SH3C0008.JPG

海から数キロ内陸に入った、津波の最終端で探索活動をする自衛隊員の姿を見ました。若い隊員さんばかりです。さすがに疲れた様子でした。まだ、この地域でもご遺体が見つかるようです。辛い作業だと思いますが、彼らの頑張りを祈るしかありません。

SH3C0007.JPG

ご存知のように、神経の図太さにはいささか自信のあるテッズや用務員ではありますが、さすがに二人とも言葉を失う情景を数多く目にしました。しかし、実際に現地を目の当たりにすることで、ある種の覚悟が出来たことも確かです。

まぁ辛いと言っていても始まらないので、精一杯の後方支援を考え、続けるしかありません。今日、現地に行って気づきました。シンプルに「自分の友達に起こったことなんだ」と考えれば、いろんな事がやりやすくなるなって。まさにTomodachiも、いろいろやってくれてるんですから。



MX2502.JPG
posted by 用務員 at 23:44| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

ゲームセットじゃ、ないんだよね

.
仙台の東北高校(ダルビッシュの後輩たちですね)が、7:0で惜しくも一回戦敗退になりましたね。で、すぐに「大垣日大は少しは手加減してやれよ」とか「あそこまで点差つけなくても」とか言う人が出てくるのね。まぁ意見は人それぞれですけど、マジで言ってんの?。

東北高校の選手たち、試合が終わって一人も泣いてなかったじゃん。みんな良い顔してたね。おっしおっし、仙台に帰ってからの2回戦以降、しっかりね。これからのイニング、長いんだから。ホームランいらないから、小さなヒットつなげてよ。応援、手加減しないようにすっから。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 11:51| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のコツコツ

.
我が家ガレージ、なんだかゴミ置き場化してきました。いえいえ決してゴミじゃないんですけどね、100数十枚の新品タオル、数10本のT字ひげ剃り、同じくらいの歯磨きセット。ご近所だけでこのくらい集まるもんなんですね。おそらく各自の家庭では一生使い切れない物資でしょう。

水曜日に福島まで出動出来る機会がありそうなので、少しでも集めておこうかと。「小したこと」に特化してね。「温泉の素」の粉…なんてのもずいぶん集まったんだけど、う〜ん、現地で渡して受け取ってもらえるのかはわかりません。ま、「いらない」って言われたら持って帰ります。

A.C.T.S.のキッチンテントで使っていた什器類も供出することになりました。大型の調理器具とか給食センターでしか使わないようなモン、いろいろありましたんでね。テッズ燃え島もいろいろ掻き集めてるみたいです。みんな一所懸命にやってます。「小さくても良いじゃん」って覚悟で。

それにしても寒さ、続きますねぇ。桜前線の北上は、まだまだなんでしょ?。サクラが咲くくらいになってくれると現地も少しは楽になるんでしょうけどね。東京なんかじゃ、毎年バカ騒ぎするお花見なんてのも自粛傾向にあるのかなぁ?。いつもは嫌いだけど、今年はやっちゃいなよ!

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:03| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

コツコツやるしか、ないね

.
昼間、ガレージで現地に送る物資を仕分けしてたところ、近所のオバさんがひょっこり顔を出しました。旦那さんはもう会社を定年退職してしばらく経つ、お年寄りふたり住まいです。「これ、お父さんが渡してって」って、軍手とガムテープをドッサリ持ってきてくれました。

被災現地から言われるまで想像も出来なかったんですけどね、燃料だ食料だってのは、順次届き始めてるけど、まだまだ「穴」になってるモノがあるんですね。ガレキを片付けるにも素手じゃ危なくてしょうがない。大抵のものを修復することが出来るガムテの応用範囲はすごいんだぞ…と。

ご近所にもそのあたりを伝えてあったんですけどね、「足しにして」って持ってきてくれたんです。そういうアイテムが、実は現地の活動を確実に下支えするんでしょうね。テレビで評論家の皆さんが言ってるような「大したこと」じゃなくて良いんですよ、ボクらがやるのは。

こんな日本語は無いかもしれけど「小したこと」から、自信をもってやりゃ良い。ちょいと考えて工夫すりゃ良い。「足しにして」ってくらいなモンから始めりゃ良い。テレビや行政がしきりに訴えているモノ以外にも、役に立つものは、きっとあるんですね。

地震直後の岩手から言われたこと。「ブルーシートみたいなの集めて」「レジ袋、集めて」。ブルーシートの汎用性は、分かります。レジ袋もいろいろ便利なんだろうと思いました。でも違った。遺体を覆うモノすら無いんだって。レジ袋が1枚あれば、ウンチが1回出来るからって。

愕然としました。そんなこと、考えもしなかった。現地は、被災しなかったボクらには想像も出来ない地獄なんだと感じました。自転車のチューブだって、言われるまで気がつかなかった。ほんとにほんとに「最低限」から立ち上げなきゃいけないんだってこと、ひしひしと分かりました。

今は、いろいろ届き始めているようです。もう、ブルーシートやレジ袋が必要ないところまで来てるみたいです。そして日々、必要なモノが変化してる。1週間経ったら、別のフェイズに入っている。刻一刻、違うモノが必要になってくる。そのどれもが、決してカッコ良いもんじゃない。

「大したこと」は、とりあえず自衛隊やら政府やら自治体にお願いしましょ。現地からの生の声が届くんだったら、まずそれに応えましょ。こっちの思惑や想像じゃなくて、「これ」って言われたモノを必死んなって用意しますよ。「小したこと」集めないと、大したことに繋がらないから。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 23:07| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

各駅停車もあるし、急行もあるし

.
本日、帰りの私鉄某駅で、切符の自動販売機の前でキョロキョロしてるオバアちゃんがいました。Suicaのチャージの仕方が分からなかったみたいです。訴えるように悲しそうな視線を感じちゃったもんでやり方教えてあげましたら「すぃみませんねぃ〜」って語感が完全に訛ってます。

「東北の方ですか?」って尋ねてみたら、聞いたことのない村だか街だかの名前を教えてくれました。「む〜すめ〜の所に〜世話んなることになりまして〜。このキタセンタバへは、この列車で良いんですよね〜?」「ん?、きたせんたば?」メモを見れば、北千束(きたせんぞく)だべし。

被災地から出て来られたんでしょうね。風呂敷包みふたつ持ってショルダーを斜めに下げて。「ここは始発ですから、ひと便待てば必ず座れますよ」って教えてあげたら、ホッとしたようにベンチに腰掛けて深々と頭を下げてくれました。くたびれたんだろうなぁ、一人でここまで来るの。

けっこうな数になっているのかもしれませんね、「疎開」し始めてる方々。取り壊し予定の赤坂プリンスホテルが、暫定の避難施設に転用されるくらいですもんね。最大1600人の仮住まいになるそうです。しっかし田舎から出てきて、いきなり「赤プリ」は、刺激強いんでないかい?。

っていうか赤坂のど真ん中って、住みにくくないのかしら?。紀尾井町って、かつては州徳川家、張徳川家、彦根伊家の中屋敷があった、ある意味お江戸のど真ん中ですからねぇ。戸惑うことはあるかもしれないけど、まぁ一息ついて下さい。北千束に行ったオバアちゃんも。

思った以上に、日本中でいろんな事がドラスティックに動くことになるのかもしれませんね。ダーウィンは言いましたとさ「生き延びて繁栄した生物とは、力の強い生き物でも繁殖力のある生き物でもなく、環境の変化に対応出来た生き物だ」と。(間違ってたらゴメンナサイ)

ま、物事あんまり難しく考えてもしょうがないので、じっくり柔軟にやってきますかね。ひと便待てば座れるし…くらいに考えないと。北千束行きの電車も、今は節電ダイヤで各駅停車になってるけど、いずれ急行も復活するでしょうから。あ、急行で行ける人は、ぜひ行って下さいよ。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 21:49| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

暗いけど明るい、明るいけど暗い

.
本日は、我が家地方は22:00頃まで計画停電の予定だったので、ちょうどそれが終わるのに合わせて帰ってきたんですが、予定されているグループに入っているのに、停電は無し。まぁ良かった良かったと思いつつ必要なモノがあったので200mほど離れた所にあるコンビニへ。

あらま、そしたらそのコンビニはまだ停電中。駐車場にクルマ並べてヘッドライトで店内を照らしてるんだけど、う〜ん、ほとんど真っ暗。でも、店員さんたち明るく頑張ってます。お客さんの探してる品物を懐中電灯で照らしてあげたり、一所懸命に声を出して「暗くならない」ように。

「大変ですね」って声かけると「いやぁ東北に比べりゃ大したことないですよぉ。品物が届くようになっただけマシですから」って、いたって元気元気。うん、確かに商品棚は地震前の状態に戻りましたね。食パンが充分に並ぶようになったのって、たった10日ぶりだけど感動的です。

そのコンビニの向こう側に、1年中開店休業みたいなビリヤード屋さんがあるんですけど、道1本隔てたそこは停電の区域じゃなくてピッカピカに照明が輝いてましてね。中を覗くと店員さん、うたた寝してます。寝るんなら電気消せばいいのにね。っていうか、なんで店開けてるのん?。

…というような感じに、ほぼ平常に戻りつつある神奈川県北部の我が家地方ですけど、それなりにトンチンカンな情景も続いてまして、まだしばらくいろいろ観察して楽しめそうです。この「あまり深刻じゃないトンチンカンな状態」って面白いもんですね。様々な深層が、見えてきます。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 22:26| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

風が吹けば桶屋は儲かるはずなんだけど

.
地震発生直後からやりとりしてるリックが、向こうで楽しいことを進めています。

彼の住む地域では、ゴミ収集とか簡単な郵便配達みたいな行政の作業を一般市民が手伝うと、ほんの少しだけどオコヅカイが出るんだそうです。で、あちらの子供たちが一斉にお役所の手伝いを始めて、キャ〜キャ〜楽しみながら走り回ってそのオコヅカイを募金箱に放りこんでいるそうです。

行政の窓口は面倒臭いでしょうね。一人一人の子供が持ってくる「作業チケット」みたいなのを確認して、いちいち何セントだかの小銭を渡してやらなきゃならない。日本のお役所だったら「ったく余計な手間を増やしやがって!」ってなるところでしょう。窓口は、笑顔だらけだそうです。

「おかげで街がすっごい活気づいちゃってるぜ、サンキュサンキュ」って、リックがアッと言う間に構築したこのシステムを利用して、彼らは楽しくやって地元を盛り上げてる。隣の小学校と「コンペティションだ〜!」って、学校のローカルネットに成果表のページが出来てるそうです。

とってもカジュアルに、まったく負担感なく、彼らはゲームのように遊びながら楽しくやってる。そしてその楽しさが発生したことを「日本のおかげで…」と言ってくれる。現実にはそのシステムでそんなに多くの額は集まらないのは分かってる。でもそれを利用して街まで明るくしてる。

ここから先は裏の話です。リックはまず、街の公共事業を請け負っている10数社の企業から寄付金を募り、それを「オコヅカイの原資」に充てることにした。だからぜんぜん税金は使ってない。企業各社は痛くも痒くもない程の金額しか出してない。でも、大きなムーブメントが生みだせる。

「作業チケット」の製作費はピザのチェーンだかに頼み、チケットには小さくロゴが入ってる。で、役所に提出せず何枚だか貯めてお店に持ってくとジュースが1杯無料。こっちを選ぶ子供もけっこういて、ピザ屋は確実に名を上げて普段より客足が増えて儲かる。すぐに元がとれる。

そしてここから先がキモ。この小さいけど上手く出来たシステムが街を活気づかせたのを見た大きな地元企業が、リックのマーケティング/広告制作の会社にアポイントしてくる。「君んとこ、なかなかやるじゃんか」と、多額の寄付を持ってきつつ、何10万ドルだかの仕事を任せる。

誰にも負担感がなく、みんながハッピーになれて、もちろん義援金も集まって、最終的にはリックの会社の売り上げも上がって。悔しいけど1本とられたな〜って気がしてます。日本でおこった地震なのにね。ボクらはいったい何やってんだろうって。お米買い集めるのも良いんだけどさ。

実は昨日の飲み会、何社かの代理店の仲間との残念会でした。似たようなシステムを立案していくつもの企業や行政に提案してあったんですけどね、たはは、全滅。もっと上手いやり方もいろいろ盛り込んだつもりだったんだけど、ここはイリノイ州じゃなくて日本だってことを痛感しました。

だもんで昨日はブログでクダ巻いちゃってごめんなさい。別に自分たちが儲けようなんてアイディアじゃなかったんだけどね。処理する事が多すぎて忙しいので…と言う担当者は、定時前に帰っていきました。国家的危機ムードのたびに思います、違う危機がソコカシコに潜んでいることを。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 21:15| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

酔ってクダ巻く今宵かな

.
本日、クチの悪い同年代の仲間と飲みました。いや違うな、メチャ毒の多い連中と言った方が正しい。で「本音」のガス抜きしようぜ!って感じの集まり。家族とか部下とかクライアントとかには言いにくいコト、ブッチャケようって。帰ってきてその流れで急いで書いたので、ご無礼ご容赦。

ボクらの年代っていうのは、阪神の大震災や昭和天皇のご病気/崩御といった「国家的危機ムード」の時期に、まさに働き盛りの時代…いわば現場最前線で即時に物事を処理し良策を判断しなきゃならない立場にあった世代です。で、肌で感じているんですわ、こういう時に、なにがヤバいか。

今、放射能が人々の注目を集めてるけど、世間に漂って広まる「不安能」や「無気力能」や「無関心能」や「批判能」の方がよっぽどヤバい。急速に伝染しやすく体内に蓄積されるとなかなか除去されない。拡散範囲は10kmや20kmじゃ済まない。時間が経ってもなかなか減衰しない。

これらは、すべてをスポイルするとてつもなく凄い威力を持ってるんです。あらゆることを邪魔しようとします。人々からヤル気を削ぎ、事なかれ主義を助長させ、いろいろな選択の場から気力を奪いとっていく。染色体の破壊どころじゃなくて、人の向上精神をじわじわと破壊する。

で、そういう時期って「事なかれ案」で動く人間の方が、企業などでも重用される場合が多かった。批判覚悟で前進しようぜってタイプの発言は、暴言扱いされちゃう。それは過激ですよ…と、退けられる。人の目ばっかり気にしたショボい判断が、優等生的に扱われちゃう。

会議での発言すら「口は災いの元」みたいに減っていった。黙〜って、様子をうかがうヤツが増えた。もちろん「高尚な自粛」もあるでしょうから、すべての自粛行為が間違っているとは言いませんけどね、あの頃、よく言ったもんです。「下らない自粛なんてのは、自殺と同じだよ」って。

今、30代40代の働き盛りの皆さん、現場でいろいろな判断を下す立場にいる最前線の皆さん、自分の健全な勇気を信じて下さい。地震の被害を最小限に抑えるのは、あなた達の「揺るがない自信」です。率先して、自粛ムードの震源である「心の萎縮ムード」をくいとめることです。


以下は、今日の飲み会でのオジさんたちの戯れ言。ほんとうにご無礼ご容赦。でもぜんぶ本音。

「若いヤツらに言ってやった。慌てて義援金なんか出さなくていいから、家族と美味いモンでも喰いに行けって。まず、不安そうにしてるカミさんやガキどもを元気づけてやれって。ウチのパパはカッコいいって思われることからやれって。人への寄付はそれからで遅くないって」

「いろいろ話してみると、若い連中の方が自粛願望が強いね。初めての経験なんで、まずはビビるわな。オレたちみたいに、そういうのが屁の突っ張りにもならなかったの充分に知ってる年齢層の方がドライよね。あんなの、な〜んも生み出さなかったの、身にしみてるもんね」

「若いのは、この時期、どんどんオレたちに逆らえばいい。年上なんかバンバン否定すりゃいいんだってば。んで同じ世代で本気でやり合える戦友つくって、20年後とか30年後に、その時代の若いヤツらに言ってやりゃいい。オレたちに逆らえって。反抗を自粛するなって」

「年寄りの言ってることなんか、どんどん批判すりゃいい。で、批判してそれ以上のことを必ず提案して実行してくれりゃいいのよ。言った分、きっちり責任とってくれればいい。薄ボンヤリしてるオリコ〜サンより、生意気でクチゴタエするヤツの方がよっぽど可愛いってば」

「放射能の数値は大丈夫だって言ってるのに売れ残ってるホウレン草、あれ買い占めない?。オレたちだったら抜ける髪の毛も無いし、もう生殖能力も必要ないし」「生殖能力は要らんけど、○○能力はもうちょっと残しておきたいな〜」「お前の下半身は、いい加減、自粛した方が良くない?」

「若い連中は、出来ればカミさんにいつも以上にLOVE注入〜して欲しいね〜。いま子供つくっとけば、産まれる頃には流通なんか完全に回復してるし、小学校にあがる頃には復興して今よりずっと暮らし易くなってるはずだから。ここで一気に少子化問題、解決してくんね〜かね」

「今こそマルサに頑張ってもらって日本中の汚い蓄財をがっさり集めて復興財源に回せね〜かな」「いや今年はちょっとまずい」「はは〜ん、さては今年の決算、かなりいろいろやってんだろ?」「今さら帳簿戻せないから義援金にでも回すか」「いずれにしても大した額じゃないわな」

「これ観た?。こういうシニカルなセンス、評価されていいよね。第二弾に期待したい」
http://www.youtube.com/watch?v=DYKlNyTongk&feature=player_embedded
「笑った笑った。こういうの作れるヤツ、ぜひスタッフに欲しいね」

「お客さ〜ん、そろそろ看板にするよ〜」「あれ、おやっさん、いつもより閉めるの早くない?」「だってアンタらの話聞いてるとアタマおかしくなっちゃうから」「まぁこっちで一緒に飲もうや」「んじゃお勘定、倍づけにして義援金に回していいっすか?」「んじゃお開き〜、撤収〜」

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 23:31| Comment(3) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

工夫に勝る支援なし…かもね

.
地元の自治会長さんたちと相談して「夜、計画停電になったら、近所の交差点に出よう」ということになりました。ちょっと離れた所では消えないところもあるんですが、ウチの近所の信号、必ず消えちゃうんです。こりゃしょうがない。しょうがないけど、危ない。

で、交通整理に使う赤灯になってる懐中電灯を買い集めてこようか…って話になったんですが、いや待てよ、普通の懐中電灯で大丈夫じゃんって、工夫してみました。ご近所に声かけあって、プラスチックのキャップみたいなの集めたら、ピッタリのがザクザクと出てくるもんですね。

で、赤のカッティングシートをグルッと貼れば、インスタント赤色電灯の出来上がり〜。充分です、こんなので。軸方向にはシートを貼ってないので、手元明かりとして併用しやすいですしね。「普通の赤色電灯より良いんでね?これ」って、オジイちゃんたち喜んで交通整理してます。

IMG_3714.JPG

チューブ集めをした時にも考えたんですけどね、売ってるチューブも買い集めればもっと数は集まるんです。でも、それって「一種の買い占めじゃん!」って。他の場所で、絶対に困る人が出るはずだよねって。「調達=買い集めること」って短絡的になっちゃうのは危ない思考ですね。

補修パッチを送ることはやめました。仲間がシミュレーションしたら、パッチで修理するよりチューブを交換しちゃった方が圧倒的に手間が少ない。短時間で済む。パッチは、現地にわざわざ「手間」を送ることになっちゃう。どんどん新品チューブに交換した方が効率が良い。

で、パッチと「手間」を皆さんの手元に残しておけば、チューブは供出しちゃっても各自ゆっくりとパンク修理は出来る。ちょっと冷静に考えて、全体のバランスをとろうぜって。なかなか難しい判断ですけどね、ちょっとずつ工夫して上手い方法を見つけるのも、小さな支援かな〜って。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 09:33| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

鍵はいつも君のポケットの中

.


ほら、顔あげ少し笑って
そりゃ色々あるよ解るって
想い通りのstoryとは行かないけれど

誰しも明日は来るって!
待ってくれない時は過ぎ去って
あなたに今見える未来から目そらさずに

意味のない事は何一つ無いって気がすんだ
思い切りやり抜いたら気持ちハレバレ
振り返ればほら見えるだろう?歩んだ道のり
恐れずに次の一歩ほら踏み出せ!

君が開くその目の前に明日の自分は見えていますか?
新しい扉のその先にきっと出逢える
次の自分に 

ほら?どうした?暗い顔ツライかもしれないがさぁ笑おう
黙っても過ぎてく日々なら明後日、明日、今日、意味がある
迷ってばっか一刻一刻とカレンダーの日付コツコツと
待ってくれるわけなんてないんだ、じゃぁ今速攻で即行動

意味が無いとただ決めつけて扉閉めてるんだ
見えない様、聞こえない様にしてるだけ
明日何が出来るかなんて君が決めるだけ
恐れずに次の一歩ほら踏み出せ!

君の扉を開ける鍵はいつも君のポケットの中
いま開けばほら目の前にきっと待ってる
次の自分が

立ち止まって動けないなら
僕がそっと君の背中押すよ
その一歩で前に出たなら
あとは一人で進めるはずさ

いつかきっとあなたの『夢』が『想い』が届くんだ!
思い切りやり抜いたら気持ち×100!
それも全部分かってるんだろう?
扉開くにはその想い全部抱え、ほら踏み出せ!

君が開くその目の前に明日の自分は見えていますか?
新しい扉のその先にきっと出逢える
次の自分に

君の扉を開ける鍵はいつも君のポケットの中
いま開けばほら目の前にきっと待ってる
次の自分が

tobira.jpg


MX2502.JPG
posted by 用務員 at 21:10| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走れママチャリ

.
自転車仲間とそこから芋ヅル式に声をかけあって、各自の家で余ってるチューブを集めました。ママチャリ用から700Cまで、昨日までの1週間で120本ほどの数になりました。サイズ別に分けてビニール袋に入れて小分けして、段ボールが1箱。で、外側に「自転車チューブ」と大書き。

知り合いの知り合いの自転車仲間が、岩手の某都市にいましてね、避難所を手伝いながら皆さんの自転車の修理に励んでいるそうです。ちょっと壊れたけど直せばすぐに走れるようになるとか、パンクしただけの自転車がもの凄い数なんだそうです。チューブはすぐに底をついたといいます。

今回は、あるルートでピンポイントにその人に届けられることが分かったので渡しましたが、まだまだ行政を通じたり個人からの支援物資送付は難しい段階ですね。いま、ブルーシート(ホワイトシートもシルバーシートも)を集めています。現地では、とても汎用性が高いんだそうです。

テレビで傍観者してイライラしてもしょうがないので、この連休にジタバタと出来ることをやっとこうと思ってます。小さな小さなピンポイントにしか応えられないのは分かってるんですけど、現地ではママチャリが1台動くようになることすら、画期的な機動力の向上らしいですから。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 10:22| Comment(3) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

へそ曲がりな海外援助隊

.
このブログに時々登場する、ミシガン湖の近くに住むリック・スピルマンからメールが来ました。80年代から冗談言い合って付き合ってきた面白いヤツで、ずっとあちらの広告業界で揉まれてきたアイディアマン、さすがの内容です。もう書き出しから楽しませてくれます。

「今回のニッポンの地震と津波は歴史的な悲劇だが、オマエサンがまだ生き残っているとしたらニッポンにとってこれ以上の悲劇は無い」と来たもんだ。カッカッカ。
「神は、善良で有能な一般市民の命をこれだけ奪う一方で、なぜ、邪悪で無能な、アタマも○○も役に立たないカナガワに住む髪の毛の薄い男を生かすのか」と続けて、すべての文章に「こういう言い換え方も出来るよ」と、いちいちNOVAの先生みたいに注釈を付け加えてくれます。確かに彼は活きた英語の先生なんですけどね。こりゃ勉強になるぜい。

で、いろいろな文章が続くんですけど、ボクに対してのキツいジョークを並べながら、その裏に日本や日本人に対する労りや慰めをきちんと書き込んであるんですわ。こういう時のアメリカ人の、まぁリックは特別かもしれないけど…言語能力ってのは、さすがと言わざるを得ません。

で、最後に「さあ、オマエサンのやり方で、シッカリやろうぜ!」みたいな決め台詞を持ってきて「使えるだろ?」って結んでありました。彼は、ボクらがやってるVMXの名前も勿論ちゃんと知ってますからね。「Let's act in your way」うまいね!。使わせてもらいましたヨン。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 23:08| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

大丈夫

みんな、頑張ってるよね。

http://prayforjapan.jp/message/

元気と善意の震度、M9.0以上に伝わってきます。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:43| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

自粛しましょう

.
とてつもない大惨事を目の当たりにして、直接被災されなかった多くの皆さんまでもが気分的に落ち込んでいます。分かります。分かりますけど、ここいらで、落ち込むのを自粛しましょう。シュンとするのを自粛しましょう。なんとなく申しわけ無さそうに暮らすのを、自粛しましょう。

いつも通りに、否いつも以上に、元気に暮らしましょう。いつも以上に一所懸命に仕事しましょう。いつも以上に家族に笑顔を向け、まず自分の周辺から落ち込みがちな気分を追い出してやりましょう。澱み始めている重い空気を、大きく息を吸って吹き飛ばしてやりましょう。

愚痴や文句ばかり言うのを自粛しましょう。不便が多いのは事実です。何かとイライラしてしまうことも、そりゃあります。でも、商品が無いと店員に文句を言ったり、電車が動かないと駅員に楯突いたり、混雑の中ですれ違う人に肩が当たったと怒鳴ったりするのを、自粛しましょう。

いつも通りに、否いつも以上に、人に優しくしましょう。いつも以上に他人の事を理解しましょう。いつも以上に周囲に気を配り、まず自分の周りから不満を追い出してやりましょう。社会のあちこちに沈殿しようとする愚痴や文句を、綺麗に履き集めてゴミ箱に放り込んでやりましょう。

「いわゆる自粛ムード」に陥ることを自粛しましょう。「シュン」という厄介な病原菌の発生源になることを自粛しましょう。暗い話ばっかりして深刻ぶることを自粛しましょう。否定的な考え方を持つことを自粛しましょう。こんな時期だもの…と諦めムードに浸るのを、自粛しましょう。

いつも通りに、否いつも以上に、アドレナリンとエネルギーの発信元になりましょう。自分の発揮する元気が、必ず被災地の皆さんに伝わることを信じましょう。そしていざ自分に直接的な支援や協力を提供出来る機会が訪れたら、何でも良いから精一杯の頑張りを差し出しましょう。

今、本当に慎むべきは何なのかをしっかりと吟味して、ちゃんと自粛しましょう。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 22:00| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

Such a lovely place


Hotel California

On a dark desert highway
Cool wind in my hair
Warm smell of "colitas"
Rising up through the air
Up ahead in the distance
I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night

There she stood in the doorway
I heard the mission bell
And I was thinkin' to myself
"This could be heaven and this could be hell"
Then she lit up a candle
And she showed me the way
There were voices down the corridor
I thought I heard them say

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place, (Such a lovely place) Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year, (Any time of year) You can find it here

Her mind is Tiffany-twisted
She got the Mercedes BENZ
She got a lot of pretty, pretty boys
She calls friends
How they dance in the courtyard
Sweet summer sweat
Some dance to remember
Some dance to forget

So I called up the Captain
"Please bring me my wine"
He said
"We haven't had that spirit here since nineteen sixty-nine"
And still those voices are calling from far away
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place, (Such a lovely place) Such a lovely face
They're livin' it up at the Hotel California
What a nice surprise, (What a nice surprise) Bring your alibis

Mirrors on the ceiling
The pink champagne on ice
And she said
"We are all just prisoners here, Of our own device"
And in the master's chambers
They gathered for the feast
They stabbed it with their steely knives
But they just can't kill the beast

Last thing I remember
I was running for the door
I had to find the passage back to the place I was before
"Relax"
Said the night man
"We are programmed to receive
You can check out anytime you like...
But you can never leave"

hcc.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=b_xtDRr9syM

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 00:00| Comment(5) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

浅き春に

.
ブログに書きたい事はイロイロあったりするんですが、なんだかんだと忙殺されている今日この頃でして、まったく「忙しい」とは「心を亡くす」ってことですね。良くないなぁこういうの。いい歳したオヤジなんですから、もっとユトリを持って日々を送りたいと思う事しきり。

先日、海の仲間と久しぶりに飲む機会がありまして、前回のブログに書いた話からの派生で「自分の葬式にどんな音楽を流して欲しいか」という話題になりましてね。みんな音楽好きな連中なもんですから、そりゃもういろんなアイデアが出ること出ること。話が、止まりませんでした。

ふたり海岸.jpg

別に、自分の葬式をドラマチックに盛り上げようなんてちっとも思わないんですけどね、なんつ〜か「なるほど、こういうヤツだったのね」と理解はしてもらいたいと言うか、自分のキャラクターに嘘の無いようなBGMに包まれたいなぁと思うのは、ま、当然ですわね。

で、このテーマ、あまりにも壮大なもんですから、次回の飲み会までの課題ってことで各自持ち帰りになりました。皆さんも自分の葬式のBGM、どんなのが良いか、考えてみません?。なかなか面白いテーマだと思います。「遺言」なんて、その程度で良いんじゃないかな〜って思いますわね。

なんつってる昨今、我がガレージに変なヤツがやってきました。DYNOっていうアメリカのB級メーカーのBMX。まぁBMXの限界点てのもある程度は分かってるつもりなんですが、なんか可愛いいいんですよね、このBMXって。で、さっそくバラしちゃいました。キャハハ、楽ちい。

IMG_3680.JPG

なかなかのオンボロではあるんですが、さて、どんな感じに塗り替えようかな〜なんて考え始めちゃったら夜も眠れなくなって、ゲゲゲ!ネットで調べてもぴったりサイズのスポーク売って無いじゃんと嘆いてみたり、まるで10代に戻ったようにスチャラカしてる今日この頃。

とかなんとか言ってたらA.C.T.S.の開幕も近づいてきちゃったりで、あ〜あ〜またメンドウな1年が始まっちゃうのね〜と思いつつ、「ムムム、ここんとこちょっと温かくなってきたんでないの?」と貧しいガレージライフに若干の春を感じている用務員であります。

MX2502.JPG

posted by 用務員 at 01:21| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

Over the rainbow

.
昨年のA.C.T.S.最終戦のすぐ後ですから10月半ば頃の事です。さすがにだいぶ涼しくなって、自転車でノンビリ走るにはもってこいの素敵な秋が訪れていました。そんな日、我が家から西の方角にひたすら走って1時間半くらい行った先の、アッケラカンとのどかな田園風景の中でのお話です。

SH3C0029.JPG

午後の3時ごろだったか4時ごろだったか、一天にわかにかき曇り、いきなりドッシャ〜って降ってきましてね。ちょっと気の早い夕立みたいなもんです。「やっべ〜、こりゃどこかで雨宿りしなくちゃ」と辺りを見渡しても、そこは広々とした畑のど真ん中。建物なんかありゃしません。

すると数10メートルくらい先に、ささやかな小屋というかお地蔵さんの祠(ほこら)みたいなのがありまして、とりあえずそこに駆け込むことにしました。で、中を覗きこんでビックリ仰天!。小さなお婆ちゃんがチョコンと座っているんです。さすがにギクリとしましたよ。

これは「まんが日本昔ばなし」の世界に入り込んじゃったかな〜と思いながらそのお婆ちゃんを見ると、ニコニコしながら手招きしてくれてます。「ほれ、あんたも早く雨宿りしなさい」って、優しい笑顔に引き込まれましてね。ちょっと窮屈ですが肩を並べて座らせてもらうことにしました。

聞けば、その辺り一面、そのお婆ちゃんちの畑なんだそうです。で、夕飯の材料に実った野菜を採りにきたら雨が降りだしちゃったとのこと。布の袋に詰め込んだ野菜を抱きかかえながら、ニコニコ楽しそうにお話してくれまして。キュートなお婆ちゃんって、ほんとに可愛いですね。

それが、なっかなかハイカラなお婆ちゃんでしてね。頭のホッカムリはピンクのバンダナですし、足元はお揃いにしたピンクのクロックス、それもパチもんじゃないヤツ。身長は140センチくらいでしょうか、ほんとに小さなお婆ちゃんなんです。で、聞いてビックリは、なんとオン歳91歳。

「オンナに歳聞くもんじゃないよ!」「え〜!どうみても90歳くらいにしか見えないですって!」「そういう時は嘘でも70くらいにみえるって言うもんだよぉ」って、会話もしっかりしててジョークもきいて、ボクがあと40くらい歳とってたら恋人にしたいようなタイプなんだけど。



雨はだいぶ小降りになってきたんですけど、そのまましばらくお話していますと、突然「あんた若いのに、補聴器使ってるんかい?」って言うんです。一瞬なんのことだか分かんなかったんですけどね、肩のところでプラプラしてるiPodの白いイヤホンが気になったらしいんですわ。

で、iPodの説明してあげまして「お婆ちゃんはどんな歌手が好き?」と聞きますと「そうねぇ石川さゆりサン良いわねぇ」って言うんです。ハイハイ、たんまり入ってますよボクのiPod、石川さゆりだって。「聴いてみます?」ってイヤホンを差し出すと、ほんとに嬉しそうな笑顔です。

目を閉じて聴き入っている姿、まことに申し訳ないんですが、昔のウォークマンの猿がウットリするコマーシャル思い出しちゃいましてね。でもまぁ幸せなひとときを過ごしていただければねぇ、こちらも嬉しいってもんです。雨宿りさせてもらった一宿一飯の恩義とでも申しましょうか。

「他の歌い手さんも聴けるのかい?」ってお婆ちゃん。こういう時の一瞬の選曲って緊張します。あんまり騒がしい曲は好みじゃないらしいんですが、う〜ん悩む〜。その時です、雨があがって広い畑の遥か向こうに薄らと虹が見えましてね。ふたりの前に素晴らしい光景が広がっていました。

Celtw.png

「こういうのは、どうでしょ?」って選んだのが「Celtic Woman=ケルティック・ウーマン」です。こんなの、若い人同士でそのシチュエーションだったら照れくさくてとても無理ですけどね、まぁ91歳のお婆ちゃんと50半ばのオヤジですから、神様もお許し下さるんじゃないかと。

- Over the rainbow -
http://www.youtube.com/watch?v=I5T6gyCPDvM

- You raise me up -
http://www.youtube.com/watch?v=6IbRQEsVhzA
こちらは、荒川静香さんが使って一気にメジャーになりました。ご存知の方も多いと思います。

YouTubeのライブ音源をmp3に変換してiPodに入れてありました。ケルティック・ウーマンは、スタジオ録音盤よりライブものが圧倒的に良いですね。会場に響き渡る空気感って、特にあぁいう雰囲気の中で聴くと抜群にマッチして、あらら、お婆ちゃん、またウォークマンの猿になってます。

で、ベタですけど、こんなのもお聴かせして。
- Amazing Grace -
http://www.youtube.com/watch?v=dzgoACjFUuw&feature=related

そしたらばお婆ちゃん、Amazing Graceを聴き終わるなり、けっこう毅然とした表情で「あたしもこれが欲しいねぇ」って言い出したんですよ。うわぁこりゃメンドウな話になっちゃったなぁとも思ったんですけど、無下に知らんふりしちゃうのも可哀想な気がしちゃいましてね。

家でCDを聴くこともお薦めしたんですが、畑仕事やりながら聴きたいって言うんですわ。で、そのまま一緒にお婆ちゃんの家まで連れて行かれまして、コンピュータを扱えるお孫さん(と言ってもアラフォーの方でしたが)にYouTubeの探し方とかmp3への変換の仕方を教えたりの大展開。

そのお孫さんは飲み込みの速い方でしたもんで、何曲か試してみてスンナリと変換まで出来るようになりました。後はiPodを買ったら、こうやって同期させて…っていうところまで説明して、その頃にはもう外は暗くなっていました。帰りの自転車2時間は、ちょっとシンドかったです、はい。

何日かして、その後お気に入りのピンクのiPodを買い、お婆ちゃんは毎日ケルティック・ウーマンを満足そうに聴いています…という簡単なメールがお孫さんから届きました。こまごま質問してこられたら困るなぁとちょっと心配だったんですが、一件落着で、まぁひと安心ってところでした。

Ipink.jpg

…という、昨年の秋の小さな出来事などはすっかり忘れて新年を迎え、すでに2月も立春という昨日、そのお孫さんから突然のように二度めのメールが送られてきました。
そこに書かれていたのは、お婆ちゃんが、亡なったという知らせでした。

メールには、1月の中旬に体調を崩されて入院し数日で息を引き取られたこと。あの日以来、片時もiPodを離さずいつも楽しそうに音楽を聴いていたこと。正月には親戚やひ孫さんたちが集まって「お婆ちゃんiPodカッコいい」と大人気になってご満悦だったこと…などが書かれていました。

そして、自分の葬儀にはこの人の歌を流して欲しいと言い遺し、お葬式が行われた地元の大きなお寺さんの広間には、ケルティック・ウーマンの歌声がずっと響いていたそうです。住職さんだかお坊さんだかも協力的で、CDのセットを用意してBGMを流す手はずを整えてくれたと言います。

さらに短い病床の最後に「畑で一緒に虹を見た自転車のお兄さんに『あの時はありがとう』と伝えて」と話していたと、お孫さんのメールには書かれていました。お礼を言いたいのは、こっちですよ、ほんとうに。お婆ちゃん、素敵な思い出を、ありがと、ね。

一緒に見た虹を、もっと大勢の皆さんに感じてもらえたら良いな…と思い、ブログに書きます。

MX2502.JPG

posted by 用務員 at 20:50| Comment(8) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

大寒の体感

お寒うございますぅ。大寒を過ぎまして1年で最も寒い時期の真っ只中にいるわけでして、とてもじゃないけど10℃を下まわるガレージでカキンカキンに凍てついた金属に触れるのはシンドうございます。(てなこと言うと北極圏にお住まいのぼんず山さんに怒られてしまいますが…) 

で、この時期、もっぱら脳内妄想してばっかりになっちゃうんですが、広い世界には楽しいカスタムをやってる人、大勢いらっしゃるんですよね。見ているだけで充分にインスパイアされちゃいます。というわけで、ここんところのお気に入りのマシンをちょこっとご紹介。

drm4.jpg

COOLです。シャキッとして清潔感があって完成度高いですねぇ。全体のコンセプトがシッカリしてるからとても説得力があると言いますか、こういうタイプ大好きです。う〜ん、自分も20歳若かったらもう一度こういうの造ってみたいもんなんですけども…。

drm1.jpg

こちらはずっと素朴〜なバイクですが、なんだかシャキっ!とした立ち姿が凛々しくて素敵。トライアラーはこうでなくちゃ!って感じです。シリンダー幅よりスリムそうなタンク、グッドフィッティングですねぇ。(ほんとは4ストのトライアラー欲しいんだよなぁ。ブツブツ…)

 2台とも、全体のまとまり感はもちろん、細かいところにタンマリと手が入っているようで、コザイク系も満載の様子。バイクって、やればいくらでも手を入れるトコロってあるんですよね。こういうのを造ってる人たちと集まってお酒でも飲んでみたいもんです。楽しいでしょうねぇ。

drm3.jpg

さて、こちらはアイデアスケッチなんでしょう。現行のバイクにビンテージな外装を載せちゃおうって路線、はい大賛成…っていうか理想に近いなぁコレ。こんなのに、ヘルメットに赤い星を描いて乗ったらどんなに楽しいことか。(誰にも理解してもらえないでしょうけど…)

 とかなんとか言ってないで少しは手〜動かせって?。はい、その通りですネ。ペ・コ・リ…
 
MX2502.JPG
posted by 用務員 at 20:09| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

風の中に、立ってるのかな

.
あなたは、あなたの成人の日、どこにいて何をしていましたか?。自治体が開催する「式」に行った…という方も多いことでしょう。そんなモノ否定して仲間と飲んだくれた…という御仁も少なからずいますでしょう。まぁ人それぞれの「成人の日」の思い出があるに違いありません。

ボクは今から30数年前のその日、品川のスケートリンクで、ゴレンジャーショーのバイトに励んでいました。本来は子供ショーで小学生あたりが対象となるイベントなんですが、何故か西武系の社員の成人式イベントを兼ねていたようで、新成人の皆さんが客席を満員にしていました。

まぁそんなことは置いといて、毎年この成人の日をちょっと楽しみにしていることがあります。街に繰り出す晴れ着姿のお嬢さん達?、いえいえ、あんな田舎から出てきた安キャバクラの女の子みたいなもんに一切の興味は持てませんてば。この日の朝刊の、ある広告を見ることです。

サントリーが毎年続けている「成人の日のシリーズ広告」です。ハタチからお酒が飲める…っていう、酒類メーカーとしてはナンラカの関連を持たせたい広告なんでしょうが、広告というよりは「伊集院さんが新成人に送る素敵なエッセイ」と言った方が良いかもしれませんね。

IMG_3644.JPG

    
      風の中に立ちなさい。

      大人ってなんだ? 大人とは一人できちんと歩き、
      自分と自分以外の人にちゃんと目を向け、
      いつでも他人に手を差しのべられる力と愛情を持つ人だ。
      簡単に言ったが、そういう人間になるのは大変だぞ。
      君が大人になるためにひとつ助言をしておこう。
      ホモサピエンスは世界を一人で歩くこと、見ることですべてを学んできた。
      これは千年先もかわらぬ大人への授業だ。
      まずはケータイを置きなさい。
      インターネットを閉じなさい。
      テレビを消しなさい。
      パスポートを取得して、一番安い乗り物ですぐに日本を発ちなさい。
      目的地は? どこだっていい。

      この国以外の、風の中に立ちなさい。
      世界を自分の目で見ることからはじめなさい。
      そこには君がインターネットやテレビで見たものとまったく違う世界がある。
      目で見たすべてをどんどん身体の中に入れなさい。
      そこに生きる人々が何を食べ、何を見つめ、何を喜び、
      何のために汗をかき、なぜ泣いているのかを見なさい。
      ともに食べ、ともに笑い泣きなさい。
      それだけで十分だ。
      でもラクな日々ではないぞ、苦しい中にこそ本物はあるんだ。
      やがて帰る日が来た時、君は半分、大人になっている。
      その時こそ、本当の大人への祝杯を上げよう。
                              二十歳の出発に乾杯。
                                   伊集院 静 
                                

毎年「フムフム」と思わせる文章が掲載されます。中には「ん?、今年はちょっと外しちゃったかも」という年もあったりしますが、概ね素敵なエッセイです。年に一度、成人とか大人とかをもう一度見つめ直してみるのも悪くありません。実はいい年した大人こそ、これ大事かも、ね。

そうそうサントリーの広告と言えば、これまでに数多くの素敵なテレビCMがありました。年末年始に、溜め込んでいたYou Tubeのデータを整理していて、久しぶりに手がとまっちゃいまして。歴代のサントリーのテレビCMの中でも、ワタクシのイチバンのお気に入りです。

      サントリー オールド 田中裕子篇-1
      http://www.youtube.com/watch?v=a-Sa9Ix70NA&NR=1
    
      サントリー オールド 田中裕子篇-2
      http://www.youtube.com/watch?v=lGEx_OzV-dA

さってと、この成人の日を迎えると、そろそろ新年も松が明けるって気分になりますね。あんまりノンビリばっかりしていないで、ちょっと風の中に立ってみますかね。人生まだまだ、遠い日の花火ばっかりじゃないみたいですから。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 13:45| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

             謹  賀  新  年

.
アサヒ.jpg

                 お  本  お  新
                 願  年  め  年
                 い  も  で  明
                 申  何  と  け
                 し  卒  う  ま
                 上  よ  ご  し
                 げ  ろ  ざ  て
              用  ま  し  い
              務  す  く  ま
              員        す
              拝

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 01:11| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

なんでだか…

.
本日、久〜しぶに会うスットコドッコイ仲間と下らない話で盛り上がる会合がありまして、ヒョンなことからどんなグループが好きかってな話題になりまして、なぜだかお互い「長いバンド名」にお気に入りが多いってことを再発見し大いに盛り上がったりしましてね。

079.jpg

      例えば…
      アース・ウィンド・アンド・ファイア
      アラン・パーソンズ・プロジェクト
      エマーソン・レイク・アンド・パーマー
      エレクトリック・ライト・オーケストラ
      グランド・ファンク・レイルロード
      クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
      クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤング
      ナインティーン・テン・フルーツ・ガム・カンパニー
      ニッティ・グリッティ・ダート・バンド
      バックマン・ターナー・オーバードライブ
      ハミルトン・ジョー・フランク・アンド・レイノルズ
      ブラッド・スエット・アンド・ティアーズ

日本だとすぐにCSN&Yとか略しちゃうんだけど、向こうの人たちって別にメンド臭がらずにちゃんと発音してるのがやっぱりなんだかカッコ良く聞こえるんですよね。で、妙チクリンなグループ名なんだけど、実はけっこう深い意味があったりするのも多くてね。

もちろん、シカゴとかトトとかイエスみたいなシンプル極まりないグループ名のアーティストたちにもお気に入りはいっぱいいるんですけど、このダラダラ長いグループ名、なんでかな〜、魅力的に感じちゃんうんですよね〜。で、古いCDをヘビーローテーションさせてる今夜です。

posted by 用務員 at 01:25| Comment(4) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

めでたくVol.4

.
The Motorcycle Classics誌 第4号、明日30日に発売ですって。

MCC.jpg

表紙を見ますと、
 KAWASAKI W series
 HONDA CB72/77解体新書
 新生Norton Commando 961
 Girls on Classic
なんて記事が載ってるみたいで、特集は
 YAMAHA Dirt Bikes Chronicle/ヤマハが切り拓いたトレールの世界
ってことのようです。


posted by 用務員 at 15:20| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

オヒサでゴンザレス

.
ども!。しばらくブログがアップが出来ない状態が続いてまして「こりゃどうしたもんだべぇ」と困っておったのですが、なぜか突然に不具合が解消されましたようでホッと胸を撫で下ろしておりやす。原因が分からないのってなんか気持ち悪いんですが、ま、とりあえずはOKかと。

さてさて、この猛暑の夏の自由研究として「スチームパンク的パーツの考察」にはまってましてね。スチームパンク的…っていうと、すぐに銅とか真鍮っていう素材に傾きがちで、それはそれで見た目には効果的なマテリアルなんですけど、なんかもっと原点を探りたい欲求がありまして。

berameng.jpg

で、いろいろ勉強して深みにはまっていきますって〜と「単純機械」とか「単一機械」と呼ばれるモノに辿り着いちゃいましてね。この単純機械っていうの、もっとも基礎的な機械要素のことで、まぁギリシャ時代からあるような「カラクリの元」ですね。主なモノには…

 ・ネジ(この場合ボルトとかビスのことじゃなく「螺旋(らせん)状」のことを指します)
 ・クサビ(コッターピンなんかの作用もクサビに含まれるんでしょうね)
 ・テコ(いわゆる「レバー比」が存在する作動部分はすべてテコの仲間ですわな)
 ・滑車(最近とんと見かけませんが優れた「倍力/方向変換」装置です)
 ・輪軸(軸を使ってモノを回すこと全般。これまた広く応用されてます)
 ・斜面(カムなんていうのも斜面っていうモノの概念に入るんでしょうね)
 ・車輪(回る輪っかでモノが動き始めたことで人類はどれだけ進歩したことか)

これに「歯車」や「バネ」や「クランク」なんていう要素が加わって「機械の基本」みたいなものが成立していったんですね。どれもまぁ原始的ローテク動作の代表みたいなモノばっかりなんですけど、どうもこの辺の要素に「カラクリ」の面白さの原点があるな〜って気付きましてね。

さてさて、理屈ばっかりコネまわしていてもしょうがないので、さっそく単純機械を応用したパーツ作りにとりかかりましてね。これがまぁ面白いのなんのって。機械なんてのは、あんまり難しいモンより単純明解な方が良いですねぇ。んじゃ、成果物は次回。


posted by 用務員 at 23:05| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

素敵な雰囲気でした

.
真夏の女神湖、けっこう快適でした。まだまだ陽射しが強い時間帯もあったんですけど、空気がカラッとしてまして、やっぱり「高原〜ん」って感じですね。ぼちぼちレポートもアップされるんではないでしょうか。ん?、次号の誌面とか見てもらった方が良いのかな?。

meeting.jpg

http://the-motorcycle-classics.com/

湖周辺の淡〜い思い出のある場所には行ってるヒマがなかったんですが、たまに本部テントから抜け出して参加者の皆さんのバイクを見たりして充分楽しませていただきやした。いろんなカテゴリーのバイクが集まり、イギリスのイベントみたいでとっても素敵な雰囲気でしたねぇ。

meeting2.jpg

そんな中に何台かいらっしゃった「スチームパンク系」のバイク、こういうの嫌いじゃないんですよぉ。って言うか「むふふ、やってみたいな〜」って感じ。このSRサン、コンクールのナンタラ賞を受賞してましたけど、こういう路線、実に魅力的ですね。

手作り感があって、オーナーのアイデアとか工夫が満載で、マスプロ的じゃなくていかにもMyスペシャルって感じの工作。「バイクいじりは、こうでなくちゃね〜!」って思わせてくれます。なんか、自分でもスチームパンク系の工作やってみたくなっちゃいました。

http://anproid.blogspot.com/
http://steampunk.seesaa.net/
http://antiquescafe.blog114.fc2.com/blog-entry-224.html
http://eegana.blog32.fc2.com/
http://www.google.co.jp/search?q=%83X%83%60%81%5B%83%80%83p%83%93%83N&hl=ja&source=hp&ie=Shift_JIS&lr=


posted by 用務員 at 19:40| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

高原へいらっしゃい

.
悪夢の2日間、なんとか乗り切ってきたんですけどね、もうフニャフニャです。久〜しぶりに身も心もヘナヘナになってます。で、この週末はやっとゴロゴログダグダできる〜と思っていたんですが、#105宮崎健太郎青年から、鬼のような指令が飛んできましてね。

mcc2.jpg

http://the-motorcycle-classics.com/

これ、手伝いに来いっていうんですよ。まったく、鬼…というか悪魔ですね、っていうか人殺しとしか思えません。でも、ここで逆らうとMotorcycle Classics誌上でA.C.T.S.の悪口とか罵詈雑言とか書かれちゃいそうなので、虚弱体質のカラダにムチ打って、行ってきますよ、はい。


実は、白樺湖とか女神湖の辺りって青春時代の淡〜い思い出のある場所でして、久しぶりに行ってみたいなぁなんてのもありまして。10代からハタチくらいまでって、何故かけっこう山方向に出掛けてた時期がありました。立科とか八ヶ岳とか軽井沢方面とか、ずいぶんと行ったもんです。

そういえば、76年にTBSで「高原へいらっしゃい」という、山田太一さんの素晴らしいTVドラマがありましてね。八ヶ岳の辺りの小さなホテルを舞台にしたお話で、自分の年代的にノンビリと家でTVドラマを観ているような時期でもなかったと思うんですが、なぜかハマっちゃいまして。

思い出深い場所で、A.C.T.S.とはまた違った趣向の素敵なバイクに逢えると良いな〜なんて思いつつ、まぁあの辺り、バイクで走るのにけっこう気持ちの良いところですので、お暇な方はぜひ遊びにいらしてみて下さいまし。古いバイク、いっぱい集まるみたいですよ。


posted by 用務員 at 19:44| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

もうチョイですね、梅雨明け

.
#105・宮崎健太郎青年が「告知してけろじゃ」ってことで、お知らせです。悪夢の2daysの翌週7月31日(土)に長野県女神湖にて、The Motorcycle Classics(ザ・モーターサイクルクラシック)が読者ミー ティングを開催するんですって。詳しくはフライヤーをご覧あれ〜。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/manx/SMM.jpg


さてさて2daysを前に、もろもろ工夫を凝らした幾つかの頼まれモノもやっと手を放れホッと一息…ついてたかと思ってたら、もうエントリーの集計に追われる時期になっちゃいましたワン。んで、エントリー用紙を見ればいろんなニューマシンも、続々。楽しいのよね、この時期。

ま、コレばっかりは役得ですね。「あ〜、あの人こんなニューマシン導入してる〜!」とか「うげ!○○さん、いつの間にかB50買ってやんの!」とか、個人情報(?)をつぶさに眺めて密かに楽しんでおりますです。自分のバイクなんかまったくホッタラカシにしちゃってね。

さ〜て、当日はこんなのでも持って行って、クジラボーイの前をうろついてやろうかな、と。パチもんじゃない、由緒正しきエアフィックス製のクジラくんだもんね〜。

AF-CB450.JPG



posted by 用務員 at 19:13| Comment(3) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

LOC Round-2

.
「A.C.T.S. 真夏の悪夢 2days」まで1ヶ月を切った今日この頃、今月はまずLOCの第2戦をやっつけなきゃいけません。梅雨の季節、スカッと晴れないまでも、なんとか降らないでくれることを祈るばかりでごんす。

IMGP0726.JPG

いつの間にか、ジワジワとエントリーも増えていますしね、面白いバイクも多くなっています。今回から「西からの刺客・doigumiさん」もトライトンでエントリー。A.C.T.S.同様に豪快な走りを披露してくれることでしょう。

loc2.jpg

でも、土曜の夜、ドイツとアルゼンチン戦、あるんですよね〜。生で観ないわけにゃぁいかないですし、でもそんなの観てたら寝る時間ないし、う〜んどうしよ。「ゲロ吐きそうなくらい凝ったゼッケン」もまだリカバー出来てないし…。悩み多き週末の用務員でごじゃります。


posted by 用務員 at 08:34| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

手間のかかる蘇生術

.
実は本日「ゲロ吐きそうなくらい凝ったゼッケン」の作業をしている途中、大変なポカを犯してしまい、工程10段階の内の2とか3まで後退を余儀なくされてしまいました。ああいう時って、ほんと固まりますね。凍り付くというか、ワタシのハートは〜ストップモ〜ション〜by 桑江知子。

皆さんも経験あると思うんですよね。ショックで、ちょっと貧血気味になるというか、血の気が引いて声も出ない…みたいな。自分への怒りがこみ上げてきて、心拍数は早まってるのに呼吸数は落ちちゃって、2分45秒くらいは体が動かない状態。カップ麺が出来ちゃいます、まったく。

で、ワタクシの、こういう時の脱出法。とにかく音楽を聴きます。スッカ〜〜〜ンとしたヤツ。このところのお気に入りは「Superfly」。ヘッドフォンでね。萎縮した脳味噌を強いトニックシャンプーでジャブジャブ洗ってる感じ。とにかくあのボーカルの爽快感は効きます。

boxemotions.jpg

一時、こういう時用に「Girl next door」なんかも良く使ってましたし、昔だと「横山輝一」なんてのも効果満点でしたね。何故か「日本語、こってり豪華なアレンジ、自信に満ちあふれたスッカ〜〜〜ンってボーカル」が大事。「福原美穂」なんかの数曲も効きます。

で、気持ちを取り戻してリカバー作業に入るには、今度はちょっとコッテリした洋楽が向くんです。コモドアーズ/ライオネル・リッチーだのスティービー・ニクスだのグロリア・エステファンあたりを並べるとペースが戻ってきます。バタ臭〜いUPからミディアム系ですね、良いのは。

平常心を取り戻したら、TOTOとかアラン・パーソンズ・プロジェクトあたりをサラッと流しながら、70〜80年代の適当なウェストコーストロック系を並べておけば、もう問題ありません。その頃には、心の「ザワザワ」も収まって、指先も快調に動いてくれます。

先ほど、本日の作業を終了しました。まぁ大きく後退しちゃったけど、その分勉強にもなりましたしね。そんな日の夜は、お気に入りの「アンデス民謡」でケーナの素敵な音色を聴きながら、キンキンに冷やしたカンパリをちびちび。音楽ってのは、ほんと〜にアリガタイもんです。


posted by 用務員 at 21:27| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

B50ライン、操業休止中

.
例のジェームズ爺さんから「最近、B50ぜんぜんイヂってないじゃないの!」ってメールが来ましてね。「あいゴメンなさい。日本はいま猛烈な雨期で、一昨日も近くの川が氾濫し街が水浸しになり、昨日は雨漏りが止まらず我が家の中にはバケツが並び、今日はガレージが浸水してB50のオイルドレンまで浸水したんすよ」と書いたところ「そりゃ大変じゃ。日本は厄介な国やなぁ」と返信がきました。

ラインB50mx1973.jpg

ジェームズ爺さん、ウソついてごめんなさい。我が家地方、あんまり梅雨とも思えない夏の様な天気が続いておりまして、他の遊びが忙しいのよねん。でさ、夜は猛読書月間だし、このトコロなんだかんだ頼まれモノが多いもんで、B50なんてじぇ〜んじぇん触ってる余裕ないのよね〜。

その頼まれモノで、ちょっと面白いトライというかチャレンジとかしてまして、もぅモノ作りマインドが充分に満足させられちゃってるもんですから、なんともハッピ〜な気分なんですわ、ここんところ。いろんなテーマに対応するって、ほんと勉強になります、はい。

先日、某所で話題が出たんですけどね、小学生の頃、お祭りの屋台で売ってる「薄いオセンベイみたいのを針で型抜きするヤツ(正式名わからず)」を友達から頼まれて抜いてやって景品をせしめる手伝いをしたり、例の「原版」作りに精を出してみたり、まぁバイク関連のモノ作りだの「仲間や知り合いのオーダーに手先で応える」っての、一生続くみたいですね、ワタクシの場合。

で、いつも思うんですが、そもそもオーダーが「自分の」じゃないもんですから、思いもよらぬモノだったり、それまでまったく知らなかった世界のモノだったりで、逆に視野がドドド〜ンって拡がっていくんですよね。自分の…だけだったら、人間なんてそんなに多くの方面のモノに触れたり興味を持ったりイヂったりするもんじゃありませんもの。

めっちゃくちゃなオーダーほど、面白いんですよね。普通なら「んなモノ出来るか〜!」って怒っちゃうようなモノでも、とにかくやってみると。材料を吟味したり、工程を考えてみたり、仕上げはどうしようかなぁ…とか、とにかく頭を柔軟に、過去の経験にとらわれず。「手先を動かして頭を柔らかく使う」なんてのは、まさにボケ防止の最たるモンですわ。

まぁ、多少なりとも人様に喜んでもらって自分のボケ防止になってると思えば、こんなにハッピ〜なこともないわけで、そのおかげもありまして、いまだに小学生並みのフレッシュなオツム(明らかに精神年齢が低い…とも言う)を保っていられるのか、と。

さてさて、んでは作業の続きでも。いま、某車用に「ゲロ吐きそうなくらい凝ったゼッケン」っての、やってましてね。これがまたシンドイんだけど楽しくて楽しくて。梅雨のうっとおしさも吹き飛ばしてくれますのよん。


posted by 用務員 at 20:42| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

坂の上のX-キャリバー

.
Seesaaのブログっていうのは、このブログにどこのサイトから来てくれてるのかが分かるんですけど、昨日のその欄を見ますと、見慣れないアドレスが載ってまして、辿ってみると、な〜んだぁジョーイの父ちゃんのブログでないの。ハッロ〜!。http://k-sunlight.blog.so-net.ne.jp/

スケボのトラックをピッカピカに磨いた写真が載ってて、ちょっと感動しちゃいましたわよ。最近のスケボのこと、オジサンはぜんぜん分かんないんだけど、10代の頃、まったく同じようなことしてましたっけ。X-キャリバーのトラック、バフがけ。もちろん手でね、シコシコ。

あの頃まだバラ玉のベアリングを使ってるホイールがあって、その組み調整なんてのもお楽しみのひとつでしたっけ。まぁ自転車のハブベアリングの組み調整みたいな感じでしたね。板は、バーンとかディック・ブリューワーとかコンクリート・ウェイブね!。

今みたいにネットなんていう便利なモンが無い時代ですからね、スケボ買うったって、そりゃもう大騒ぎ。ボードのショップにオマケみたいに置いてあったり、アメリカ雑貨屋さんがついでに仕入れてたり、でも「X-キャリバーがどうした」とか、通じないんですよね、まだ。

75年くらいだったか、表参道の雑居ビルにナンタラ言うスケボ専門のお店が出来て、やっといろんなモンが簡単に仕入れられるようになりましてね。んでそのまま代々木公園の向こう側の大きな坂でダウンヒル。交差点に突っ込んでクルマに轢かれるヤツとかいて、大騒ぎでしたわ。

公園のNHKの方の平らなトコロでフリースタイルみたいなのやってる人たちも大勢いたけど、なぜだかあのダウンヒル、面白くてねぇ。ちょっとした「命がけ」みたいな危なさあって、随分ムキになってたもんです。今じゃ歩いてだってシンドイものね、あの坂。お〜怖〜。

この辺の話になると、ペチーがメッチャ詳しいんじゃないかな〜。
http://blogs.yahoo.co.jp/twin_shocks_oldboy
スケボで一緒に遊んだことはないけど、あのオイチャン、ブッチギリで凄い人ですよ。


んなわけで、久しぶりにスケボのことなんか思い出させてくれたジョーイ父ちゃんにお返ししないとね。76年のポパイの創刊号に載ってたスケボの特集。全部向こうの話題と情報ばっかりですわ。それこそ穴の開くほど見ましたよね、当時。http://photos.yahoo.co.jp/actsyomuin

ppy1sb.jpg

よく見えなかったら言ってね、7月の2daysに持ってってあげるから、現物。んでインディアン・デューンズの記事とか見ながらグッさんなんかとヒュ〜ヒュ〜って騒ぐんだろうな〜。ま、楽しい時代です、70年代の中盤。日本の若造たち、みんなで一所懸命に坂を登ってたもんね。


posted by 用務員 at 05:06| Comment(4) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

アイスミルクな季節

.
ダックスの黒いスポーツIIを買ったばかりの頃ですから、
続きを読む
posted by 用務員 at 10:23| Comment(3) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

本は黙って開いてろ!

.
どうやら関東地方、週明けにはやっと梅雨入りを迎えそうな気配です。
続きを読む
posted by 用務員 at 22:37| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄に走りたい自分

.
歳を取るに従い、人は無駄をしなくなりますね。
続きを読む
posted by 用務員 at 01:05| Comment(3) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

快適が並ぶ日

.
本日は、実に気持ちの良い日でしたねぇ。
本文へ
posted by 用務員 at 00:38| Comment(4) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

秋の夜長の自由研究 - L16…に加筆

.
ゴールデンウィークも残り僅かとなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
本文へ
posted by 用務員 at 11:03| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

LOC Round-1

.
いよいよ、ロードのビンテージもシーズン開幕〜!
本文へ
posted by 用務員 at 21:52| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

My memorial IKOMA

.
さてさて「チキチキVMX」まで、あと1ヶ月になりました。
本文へ
posted by 用務員 at 21:51| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

B50いぢり - L20

.
ワタクシめんちのガレージ、まぁ整理が悪いというかガラクタが多すぎるというか、本文へ
posted by 用務員 at 00:25| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰かさんの技

.
こんな凄いエアクリーナーボックスが必要かどうかは別にして、
本文へ
posted by 用務員 at 00:01| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

FORGさんの技

.
ペチ〜さんちのブログの「お気に入りブログ」に登録されている、
本文へ
posted by 用務員 at 11:27| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

ペチ〜の

.
リンクもしてますし、よく見に行ってるペチ〜のブログ、
本文へ
posted by 用務員 at 01:02| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

CR110

.
リンクもさせてもらってるCOSMO'S FACTORYさんの新作。
本文へ
posted by 用務員 at 00:54| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

B50いぢり - L3かな?

.
もの凄いモノ、頂いちゃいました。
本文へ
posted by 用務員 at 21:33| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

2010、愉快なキックオフ


皆さん、明けましておめでとうございます。
本文へ
posted by 用務員 at 02:26| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

おひさぁ!


皆しゃま、ご無沙汰しておりました〜。
本文へ
posted by 用務員 at 19:33| Comment(8) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

いよいよ

.
ま、毎度の事ではありますが、
本文へ
posted by 用務員 at 23:48| Comment(2) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

ブログが壊れた?・・・


グっさんが、何かやろうとしてます。
本文へ
posted by 用務員 at 23:11| Comment(1) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

今日の絵日記 - L1

.
■■■出ちゃったよぉ、RC166■■■
本文へ
posted by 用務員 at 21:50| Comment(3) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

まだ新ブログの操作に慣れず…


アメリカのリックから、その後面白いメールが来ました。
本文へ
posted by 用務員 at 00:00| Comment(0) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

TOKYOか、CHICAGOか

.
ブログをお引っ越ししてみたものの、
本文へ
posted by 用務員 at 00:00| Comment(5) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。