2011年06月26日

胸のつかえがストンと下りた夜

.
テレビの受信に、えらく熱心な時期がありました。BSやらCSやらケーブル局やら、とにかく受信出来るモノはすべて観られないと気がすまないといった感じでした。2階の一角のベランダは、個人の家としては異様な状態になっています。ご近所から怪しまれるのも当然ですね。

IMG_3862.JPG

ばかデッカい口径のパラボラ立てて、他チャンネルの受信に関してはブッチギリだぜい!…なんて思ってましたし、オーディオラックに各種のチューナーが積み重なるのも楽しかったですしね。分配器の作りなんかも凝ったりして。まぁそういう電気関係の工作とかも好きですから。

もちろん地デジへの興味や関心も強くて、以前から相当深いところまで調べたり研究したり、知識だけはかなり進んでいたと思います。ただ、機材は地デジ移行直前まで買わないつもりでした。そして、そうこうしているうちに、3.11を迎えました。

あの日から数日間、可能な限りいろんな番組を観たと思います。もちろん有用な情報もあったとは思います。ただ、そうして数週間を過ごすうち、いろんな意味でテレビという媒体の限界をまざまざと見せつけられた気がしました。また、自分とテレビの関係にも大きな疑問を抱きました。

テレビの内容がひど過ぎる…とか、そんなことを軽々しく言うつもりはないんです。でも、3.11は、テレビという存在のメリット/デメリット、ポジティブとネガティブを真剣に考えさせてくれる強烈なきっかけになりました。そんな風にここ数週間、自問自答の日々が続いていました。

そして先日、地デジ移行の1ヶ月前を迎えた日、決断しました。「しばらくテレビという媒体と決別してみよう」と。自分からテレビを「抜く」ことによって何が得られるのか、期待をもって積極的に試してみようと思ったんです。ま、ヘソマガリの考えだとお笑い下さい。

本日、すべての同軸ケーブルを外しました。ベランダに林立するバカみたいなパラボラは、ただの無用な大きなお皿になりました。数台ある受像機も、その瞬間に意味の無い物体になりました。ほんのチョッピリの不安と、なんだかとてつもなく大きな開放感に包まれている今夜です。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 22:42| Comment(4) |  Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。どんなことでもとことんやる方だとは思ってましたが、こういう方面まで徹底していたとはびっくりです。さらに一気に地デジまで止めちゃう思い切りの良さにも驚きました。
わたしもここしばらくテレビには大きな疑問をもっていまして、と言いますかほとんど観ない状態が続いています。日本の高度成長期以来、テレビが家庭における情報や娯楽媒体の中心であった時代は終わったような気がしています。
我が家もちょっと考えてみようかなあと思わせてくれるテーマでした。娘や妻は大反対するでしょうけど。
Posted by 世田谷の工作好き at 2011年06月27日 20:53
世田谷の工作好きサン、ども。
あんまりシチメンドクサイ理屈は付けたくないんですが、
震災以来「あれば流されちゃうモノ」に対する疑いと言うか、
再検討がマイブームになっちゃいましてね。
もっと言えば「これまで普通だと思っていたことを疑う/再検討してみる」
…という状態にいるのかもしれません。

ま、非常時にはワンセグもあるわけですし、
ネットなどでピンポイントに番組を選択して視聴するのも可能な時代ですので、
おそらく不便を感じるようなことはないんだと思っています。

もともと、ニュース解説や討論番組などの論調には懐疑的だったんですが、
例えば今回の原発関連の情報や評論は、もう呆れるしかない領域に入っている気がします。
その手の番組の内容が一般的な世論形成の軸になっていることは否めませんが、
(多くの人がテレビは嘘をつかない、間違いを報じないと思っているわけで)
そういうのをイチイチ批判的に観ているより「離れちゃお!」の方が楽かな、と。
もっとキメ細かく信ずるに足る情報は、別の場所にいっぱいありますんでね。

と言いつつ、7.3のウィンブルドンの決勝だけは大きな画面で見たいんですけどね。
だって携帯ワンセグじゃ、テニスってほとんど分かんないんですも〜ん。
(う〜、まだ覚悟が足らんかも!)
Posted by 用務員 at 2011年06月27日 22:05
こんにちは だいぶ昔になりますが我が家でも2年間テレビがない時がありました。今みたいにゲーム及びゲーム機などががない時でしたのが結構楽しめました。
夜はほとんど毎日お風呂の後に8時ころかな家族で多摩川高島屋に行き、夏は涼み、冬は暖をとりながらウインドーショッピングたまには
食後のデザートなで楽しんでいました。
無ければ無いで何とかなりますし用務員さんのように時間が足りない方にはいい機会でしょう。我が家も考えて見ますか!
Posted by カミさん at 2011年06月28日 06:52
カミさん、ども〜。
人間の可処分時間なんて限られてますんでね、
「テレビの前でボ〜っとしてるより他にやることあるでしょ!」ってとこですよね。
もうすでに慣れちゃった感じです。ワンセグで定時ニュースだけで充分かも。
おかげさまで、音楽は充分に聴けるし本は読めるし調べモノは集中出来るし、
まぁもういい歳ですので、そろそろ閑寂枯淡の趣を目指すべき時期なのかと思ってますぅ。
Posted by 用務員 at 2011年06月28日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。