2011年05月29日

芯のある人間になりたいもんす

.
なんだかシツコイ雨が続いてます。5月から梅雨ってのも気が滅入るもんですが、こういうふうにオモテで遊べない日は、廃材をコツコツいぢるに限りますね。で、廃材カゴの中からさらに使い道の無さそうな端材を拾い集め、雨漏りするガレージでひたすら切ったり削ったり。

前から「あると便利なんだけどなぁ」と思っていた「芯押し台+ドリルチャック+回転センター」もどきセットを作ってみました。もともとの旋盤がオモチャみたいなもんですから、まぁ大した精度や性能は期待出来ないのは最初から分かってますんで「とりあえず使える」が目標です。

IMG_3779.JPG

で、一応完成しまして、これまた廃材を削ったりしてテストしてみますと「うん!なかなか使えるじゃん!」って感じで、早速バンザイ踊り。これがあれば作れるモノの幅が広がるぞ〜とまでは行きませんが、モノ作りの発想の段階で自由度が広がったのは確かですね。ヤッタぞホイ!。

MX2502.JPG
posted by 用務員 at 17:06| Comment(4) |  Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぷぷぷ、「早速バンザイ踊り」かぁ・・
ハダカエプロンでやっちょる姿が目に浮かぶぅ〜

しっかり変態度アップしてますね!!、コーサンm(.~.)m
Posted by 実@KL怪X at 2011年05月30日 18:09
あのねぇ、もう裸エプロンは卒業したっつ〜の。

でもさぁ、いろんなHP見ると、
旋盤そのものを自作しちゃってる人とかけっこういるのよね〜。
そういう人こそ変態セニアつ〜んだわさ。
まだまだアタシなんぞ、変態ノービスざんすぅ。
Posted by 用務員 at 2011年05月30日 20:15
こういゅうの有ると プロの職人じゃなくとも 『アレ』作ろって時 結構役にたつのネッ、治具工具まで普通なかなか 面倒で手が、動かないのですけど。
凄いです。☆☆☆☆☆
Posted by red at 2011年05月30日 21:16
芯押し台くらいねぇ買えば良いんですけど、
残念ながらこのセコハン旋盤の芯押し台なんか売ってませんもので、
「んじゃ作るっきゃないやね」ってのが事の発端でして。

実は、もともとの名前が「芯押し」っつ〜ぐらいですから、
軸のセンターで出し入れ作動する構造を考えてたんですが、
あれこれ作ってる途中でスライドの擦り合わせとか動きを確認したくて、
暫定的にオフセットした所で試しに全ネジで送ってみたんですよ。
そしたら「な〜んだ、これで問題ないじゃん」ってのが分かっちゃいまして。
勿論センターで作動させるのが正当だとは思うんですが、
ベッドとスライド部分の精度さえキチンと出しておけば、
ボクなんかのスチャラカ工作にはこれで充分じゃんってことで。
ま、全体の工作を端折った(メンドくさかった)ってだけのことなんですけどね。

なんか、子供の頃にみた親戚の町工場の記憶が鮮明に残ってましてね。
工場の隅に大きな「モートル」が置いてあって、
ベルトやらシャフトが工場の中をアッチャコッチャつながってて、
それらを架け替えると一個のモートルでいくつもの機械が使えて、
その工作機械もほとんど手作り…みたいな。
もうその工場全体が「オヤッサンの工夫のカタマリ〜」って感じでしてねぇ。
なんか、そういう世界っていうか、そういう人に憧れるんですわ〜。
出来るだけ「自分の工夫」に囲まれて遊んでいたいもんですぅ。
Posted by 用務員 at 2011年05月30日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。