2010年01月26日

B50いぢり…じゃなくて - L5

.
元旦に導入した新しい携帯電話、「タッチパネルがちょっと使い慣れないな〜」ってのがあるんですが、
まぁ基本的には問題も無く、特にワンセグはやっぱり便利でしてね。

それこそ、旋盤工作とかしてる時に作業デスクの傍らに置いて観たり出来ますんで、
深夜にパーツを削りながら千秋楽の大相撲ダイジェスト観たりも出来ます。

ただ、「丁度良い角度で自立する」ってのが不可能なんで、何かに立てかけてるんですが、
旋盤の微振動で「コテン!」って倒れちゃうんですよぉ。これには困った困った。

で、何か自立スタンドとか売ってないのかな〜?って調べてみたんですが、
そんな都合の良いモノはなく、んじゃ作っちゃうしかないじゃん!って。

紙の上でいろいろ描いてみて検討したんですけどね、
あんまり無骨でなくて、ちょいと洒落た感じにまとめたかったってとこです。

IMG_3317.JPG


2mmの真鍮線と2mm厚の真鍮板で、ハンダで組んであります。
「ザルツブルグあたりのカナモノ細工屋さんが作ったみたいな感じ」っての目指しました。

まぁこんなのがベストのカタチだとも思わないんですが、
真鍮で作ったモノって、しっとりとした重さがあって感じが良いですね。

実は、こういった「ヨーロッパ系のカナモノ細工」みたいな雰囲気けっこう好きでして。
なにかといっちゃぁ身の回りの小物作ったりするんですが、その一環ってとこです。

posted by 用務員 at 00:15| Comment(0) |  Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。